ブログでは「心が惹かれるものに目を向けましょう」とか「ハートが熱くなったならその方向に向かって駆け寄ってみましょう」などというテーマを度々取り上げました。

そうした半面、人の心は移ろうものであり、強く心を惹かれるものもに対しても、やがて気持ちは冷めて行くことになるといった記事も書きました。

遅かれ早かれ心が冷めてしまうことになるなら、少々心惹かれたからって一々心を反応させることは時間と労力の無駄だと考える人もいるかもしれません。

でもね、それを言い出すと私たちのの人生だっていずれ寿命が尽き終了を迎える訳ですから、時間と労力の無駄だということになってしまいます。

どんなに短い時間であっても、もしも心が熱くときめきハートフルに生きることが出来たなら、きっとその限られた時間の中をキラキラと輝いて生きているはずです。何に対しても心が反応せず、ため息交じりに暗い表情で生きている姿を思えば天地の差があるのです。

どんなに短くでもいいから、その時その瞬間を完全燃焼で生きてみませんか?好きになった人との愛が短命に終わるかもしれないことが怖いですか?例えそうであってもその短い期間を完全燃焼出来たなら、かけがえのない素敵な思い出がいつまでもずっと心に残るはずです。

心が惹かれるものに目を向けてみましょう。ハートが熱くなったなら、ためらっていないでその方向に向かって駆け寄ってみましょうよ。思いがけないパワーが体の中心から湧き上がることになるでしょう。


応援クリックをよろしくお願いします

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ