力を抜いて差し出していた左手を突然自分の内側にキューっと引っ込める人の姿を感じます。引っ込めた後の手は体を抱く感じで、まるで自分で自分を守っているかのようです。

これは「余計なことには手出しをしないで自分を守りなさい」というメッセージなんです。最近のブログでは心の赴くままに自然体で向かって行くとか思い切って飛び込んで行って体験してみようといったテーマを書いて来ましたので、今朝の内容は少しニュアンスが異なるかもしれません。

何もせずじっとしていなきゃならないのでしょうか。いいえそうではありません。自分にとって必要なことに対しては果敢に挑戦すべきです。仕事でも私生活でも同様です。

じゃぁ何を持って「必要なこと」と「余計なこと」を見分ければよいのでしょう。そんなのわかりませんよね。自然に自分の気持ちが向かって行くもの対しては「必要なこと」と判断して良いと思います。しかし、心のどこかにいつもとは少し違う違和感を感じた時は「余計なこと」である可能性を考えた方がいい。

ハートに起こる感覚が大切なヒントとなります。その為には普段の生活の中でも自分のハートに起こる感覚を感じる習慣をこまめに続けていた方がいい。ハートに起こる反応を大きく分けるなら、心地よい感覚、不快な感覚、どちらでもない状態の三つです。

いつに無く胸騒ぎがする時は要注意。これは不快な感覚なんです。頭で考えてもその時は何故だかわからない。しかし胸のあたりに違和感が発生し「あれ、何だろう?」という気持ちになったことがあるでしょ?

今まで一度も話したこともない人が笑顔で近付いてきて「一緒に行きましょうよ」と強く誘われ、時間もあるし大して疑いもせず、まあいいかとついて行くことにした時。並んで歩いている途中に何だか急にいつに無く胸騒ぎがする時もそうです。

ハートがあなたに知らせる「ちょっと待て!」のサインである可能性を認めるべきです。理由が分からなくても自分のハートの反応を信頼しましょう。「ごめんなさい、やっぱり行くのを止めます」ときっぱり断った方がいい。その後、相手が文句を言っても怒りだしたとしても構わない。大切なのは自分自身です。

今朝の気脈メッセージは「余計なことには手出しをしないで、自分を守りなさい」です。私たちの胸のあたりに内蔵されているハートセンサーは使えば使うほど精度が高くなります。いくら頭で考えてもわからない時にはハートの反応を見て答えを出す習慣を身に付けましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※お知らせ 11月7日(土)に『明日香天翔の対面個人鑑定とハートの浄化とヒーリングの総合セッション』が大阪で開催されることになりました。対面個人鑑定とハートのエネルギーの浄化とヒーリングを一度のセッションで両方お受けいただくことが可能です。

あなたのハートセンサーは快適に活躍していますか?ハートで受け止めハートの声を聞く習慣は混沌とした今を乗り越えて行く為にも頼もしい味方となります。ぜひこの機会に、自分で自分の体やハートをクリアにする浄化の方法を身に付けましょう。

また。11月8日(日)には『ハートの浄化であなたの魅力をアップするワークショップ』が大阪で開催されます。久しぶりのワークショップです。パワー全開で楽しく進めて行きます.


応援クリックをよろしくお願いします

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ