やるべき事はきちんとやっているし人に迷惑をかけることなど一切なく、人との争いを好まず誰とも対立せず自制心を持ってあまり目立たず静かに生きているAさん。本来なら、Aさんは多くの人から愛されてもいいはずなんだけど残念ながら現実は異なります。

Aさんは複数の人から無視されたり敬遠されたりすることが多いのです。場合によっては特定の人から意地悪をされることだってある。一体どうしてなのでしょう。もし自分がAさんと同様の立場だったならこの先どうすれよいのか悩んでしまうことでしょう。

多くの人から自分が受け入れられないことを肌で感じているならその事実を認め受け入れる必要があります。人を責める前にAさんは自分を変えなくてはなりません。Aさんが孤立してしまったのは周りの人たちから、何を考えているのかわからない人、つまりちょっと不気味な人だと思われてしまったからなんです。良かれと思って黙っている姿勢が評価されず、逆に人間関係を否定している風に誤解されることだってありますから注意が必要です。

「こんにちは」と元気に挨拶をしていますか?人との触れ合いの中で感謝の気持ちを「ありがとう」と言葉にして表現していますか?うれしいと感じた時には笑顔で「うれしい」と口に出して表現していますか?思ったことや感じたこと、その時生じた気持ちなども機会があれば相手に伝えた方がいいでしょう。何でもないそうした仕草が親近感や愛らしさに繋がり両者の距離が縮まるのです。

口数が少なく控えめなAさんのようなタイプが尊重された時もありました。でもそれは遠い昔の話であり今は全くウケないのです。時代が変わったなら自分も変わらなくてはなりません。

人と接する時に後ろに下がってうつむき気味で黙って遠目で見ているのではなく、前に出て明るい笑顔で何でもいいから一言言葉をかけてみましょう。日常生活の中ですれ違った相手から「おはようございます」と声をかけられたなら、「おはようございます!最近朝夕が涼しくなって過ごしやすくなりましたね」と挨拶だけで返すのではなく軽やかに言葉を追加して爽やかに対応しましょう。

多くの場合、ポジティブなエネルギーが相手から自分に流れむのはウエルカムなんです。相手からすると、ポジティブに発信するあなたがからエネルギーが自分に流れ込んでくれば好印象を抱くことになります。

「えー?ホントかなぁ」と思った人もいたことでしょう。でも逆の立場に立って相手を見たならきっと理解できるはず。表情に乏しく何も語らない人と一緒に過ごしても全然楽しくないでしょ?相手からエネルギーを受け取ることが出来ないばかりか自分のエネルギーを奪われてしまいますからね。また機会を作ってもう一度会いたいとは思わないのです。

私たちは自分では自分のことが分かっているので今のままでいいと思っています。でも人の目から見たらどう見えるのかも大切に考えるべきです。周りの人たちと距離感を感じたなら何か自分に不足しているものがあると判断し改善を試みた方がいいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※お知らせ 9月26日と27日に明日香天翔の対面個人鑑定とハートの浄化とヒーリングの総合セッションが東京で開催されます。対面個人鑑定とハートのエネルギーの浄化とヒーリングを一度のセッションで両方お受けいただくことが可能です。

私たちの身体はタイムリーに自分自身に対してメッセージを発信しています。身体の声を聞くことは客観的な目から見えている自分を知ることに繋がります。この先どう生きて行くかの作戦を立てる時には欠くことの出来ない大切な手掛かりになるでしょう。気脈診の対面個人セッションが役に立ちます。