自分の心は、ある方向を指さし「あっちだよ」と言っている。そのことに薄々気づいてながらもう既に自分は違う方向に進み始めているのです。すると心は更に大きな声で「もう・・・。あっちだってば!」と指さし叫びます。

「あっ!」と思ってその人は一瞬我に返り立ち止まるんです。そして自分の心が指さしている方向をじっと眺めています。ここまでが今朝届いたビジョンです。「あれ、それって私のことだ」と思った人はいませんか?

今朝私に届いたビジョンはそこで終わりなのです。その後どうなるのかわかりません。でもきっととても大切な場面なんだろうなと推測がつきます。

もしみなさんがこの人だったらどうしますか?自分の心が少しくらい騒ごうとも一旦進み始めたんだからそのまま進むでしょうか?それとも、本当はどう生きて行きたいのかをもう一度自分に問いかけ確認してみるでしょうか?

この先あなたが人生の岐路に立った時、自分がどうすべきかを大切に考えますか?それとも自分がどうしたいのかを大切に考えるでしょうか?それは想像以上に大切な選択なのです。



応援クリックをよろしくお願いします


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ