二人で仲良く共に歩んできた道もさらに先へと進むと、まるでそれが最初から決まっていた運命であったような分かれ道に差し掛かることがあります。どちらか一方を選んで再び二人一緒に進んで行くのかと思っていたら、今朝の気脈メッセージが伝えてくるビジョンは、何の迷いも無く「あなたはあちら、私はこちら」とクールに指さし、それぞれが当たり前のような顔をして別々の道を分かれて進んで行くのです。

今までずっと一緒だったのに、突然別々に進まなきゃならなかったのだろうかという気もするのですが、仲が悪くなったり喧嘩したりした様子もなく互いに爽やかな表情です。長年一緒に連れ添い苦楽を共にしてきた恋人や夫婦がある日を境にさようならを宣言し、別々の道を行くことになる姿をふとイメージしました。

でもね、大河の流れだって同じことが起こっているのです。山から海へと流れる大河の流れが、途中で二手に分かれることがあります。二つに分かれてしまったけど、それぞれが異なる景色を通過しながら最後は海に流れ込み合流することになるのです。

人の人生も大河の流れも理屈は同じ。定められた分岐点では二つに分かれて進むことが最も自然であり、それぞれが自然のルールに従ってゴールに向かって行くことが正しいのです。人生の中でも「ああ、ここが別々に進むことになる分岐点なのか」と気づくことがあります。だったら、そこで気持ちよくお別れしましょう。いつまでも立ち止まり悲しんだり、しり込みしたりしなくていいのです。



応援クリックをよろしくお願いします


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ