人の力で押されるようにして仕方なく2〜3歩前に出て行った人が、そのまま継続して進むことなくやがて元の位置に戻ってしまう光景を感じます。これは他人から指示されたり背を押されたりして行動を起こしても、自分の心が完全に変わらない限り、すぐに嫌気が差して引き返すことになるという意味です。

他人や親から強引に勧められた縁談を断り切れず結婚してみたものの、息苦しいだけで何の幸せも感じられず、がっかりして離婚し一人暮らしに戻る人のケースもこのパターンなのでしょうね。人から勧められたわけじゃないけど、もう歳だからと、それほど好きでもない相手と妥協して結婚した場合も同様の結果になる場合があります。結婚後の人生の方が長いんだからね。安易に妥協はすべきではなかったのです。

もちろん例外もありますよ。人から「あなたなら大丈夫!」とポンと肩をたたかれたことがきっかけになり、一歩を踏み出した結果、流れが大きく展開し人生が好転することもあります。過去を思い出すと私にも心当たりがありあります。

これは、自分の心の奥に「機会があれば是非そうしたい」と言う思いが既に形成されていたのです。ポンと肩をたたいてもらえたことで初めて、今まで実感の無かった自分の本心に気づき行動する決心がついたのです。

やはり大切なのは自分の本心ですね。もし正確に本心がわからなくても、重要な場面では私たちのハートセンサーは声なき声で真実の思いを発信してくれているのです。



応援クリックをよろしくお願いします


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ