頑張ってジャンプしてみたけれど何も成果を得られず肩を落とす人の姿を感じます。今朝の気脈メッセージは「外に目を向けてごらん」と語っています。これは外の世界に目を向け情報を収集せよってことです。

ジャンプしてダメだってことはジャンプ力が足りないのでしょうか。じゃぁ、もっと高くジャンプできるように脚力を鍛えなきゃなりませんか?いいえ、足りないのは脚力ではなく本人の知恵と気づきです。

今朝のビジョンが語っているのはジャンプするより今から隆起して行く場所に立つことを勧めています。隆起する場所に立つことで自分や自分を取り巻く空気も自然に上に向かって昇って行くのです。そうなれば無理してジャンプなどしなくてもいいわけです。

分かりやすいように言葉を変えて説明しますと、マンションのエントランスでジャンプしたとしても絶対に上の階には行けない。しかし、数歩足を延ばしエレベーターの中に立ち位置を替えたなら上の階まですんなり移動できます。またスピード感は望めないが階段の登り口までたどり着いたなら一段ずつだけど確実に上の階へと移動できるのです。

そんなこと言われなくても知ってるし当たり前やんと思っただろうけど、肝心な場面では当たり前のことが当たり前に出来ていないのです。「外に目を向けてごらん」というのは焦点を絞って情報収集することを意味しているのですが、外に移動し外側から自分が元居た立ち位置を俯瞰して見るという姿勢にもつながります。そうすれば何が悪かったのか、そしてどうすべきだったのかのかに一瞬で気づける可能性があります。

いくらジャンプしても無理な時は、ある時点で見切りをつけることです。そして他の方法を見つけ出すことに気持ちを切り替えた方がよさそうです。

7月23日と24日の二日間、東京で個人セッション、25日には久しぶりのワークショップが開催されます。客観的な視線から自分を見直すことが出来ます。7月25日には身体やハートの浄化を自分で出来るようになるワークショップです。興味のある方はぜひご参加ください。



応援クリックをよろしくお願いします


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ