今朝は最近では珍しく八方塞がりの気配を感じます。もしも占い師系の人から真顔で「あなたはこの先、八方塞がりとなるでしょう」などと言われたらがっかりしますよね。私だってきっと力が抜けると思います。

本当に自分が八方塞がりになってしまったら、どの方向に全力で向かっても行き詰まってしまいますからどうしようもないのです。右を向いてもダメ、左に進んでもダメ、上の登ってもダメ、下にもぐって行ってももダメ。つまり自分の周囲に立ち塞がる重い壁に太刀打ちできないのです。

でもモノは考えようです。どうあがいたって乗り越えられない八方塞がりの状況ではジタバタすればするほど気力と体力を消耗するだけなんですよ。完全に力尽きてしまったなら立ち上がることも歩き出すことも出来ません。

ということは、八歩塞がりの状況と戦おうなんて勇ましい考えは捨て、しっかり休息を取り次のチャンスに向けて気力と体力を充実させる期間にしてしまえばいいのです。

今までやってみたかったのに時間が無くて出来なかったことに目を向け取り組んでみるのもいいし、ずっと会いたかったあの人に連絡をして久しぶりに会ってゆっくりお話をしてみるのもいいでしょう。

いくら急いでいるからって、暴風雨が向きつけてくる中を風に逆らって進む人はいないでしょ?体力を消耗するだけで少しも前へ進めないからです。風が止むまのを待ってから行動を起こすのが正解であることは誰もが知るところです。

八方塞がりの時も一緒です。全ての方向を強力に塞がれてしまったなら、もう争ったりジタバタしたりしないこと。イライラせず開き直りましょう。全てを忘れて別のテーマに目を向けてみましょう。気力と体力を大切に温存することを心がけ、次のチャンスに賭けるのです。

客観的な目から見える自分を是非確認してみて下さい。また自分の未来を知ることでどう生きて行けばよいのかという迷いが消え去ります。7月23日と24日の二日間、東京で開催される対面個人鑑定とハートの浄化とヒーリングの総合セッションが役に立ちます。



応援クリックをよろしくお願いします


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ