『あっちだよ』 「あっちてどっちよ」 『何言ってるんだ。あっちだってば』 「え!あっち??」 この会話は私たちの感性の働きと行動を司る働きのやり取りです。まるで自分の中に二人の異なる人間がいるようです。

この先、心は特定の方向に目を向けることになるでしょう。しかし、行動を司る働きが思うように反応しない。「え、ホント?でも、何だかなぁ・・・。」と直ぐには気乗りしません。それでOK!

しかし、その後が大切なんです。自分の心が繰り返し『ホントにあっちだってば。あっちだよ!!』と真剣に訴えてくるなら、重い腰をあげてでもその方向に向かってみるべきです。「よしわかった。そこまで言うのなら、一丁本気で取り組んでみるか!」と姿勢転換を決意しましょう。

結果がどうなるのか不安だと思った人もいたことでしょう。でもそんなこと気にしていたなら、いつまでも自分らしい自分を生きることが出来ません。あなたの魂が望んでいるのは、失敗を怖れ何もしないで過ごすことではなく、行動することを決心し体験することなのです。



応援クリックをよろしくお願いします


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ