今朝の大切なキーワードは「励まし」です。「私も頑張るから、あなたもかんばろうよ」と誰かを励ます人の姿を感じます。でもそうすることでエネルギー的に一番励まされることになるのは自分自身なのだそうです。

その人のことを思って「頑張ろう!」と声をかけているんだけど、その声掛けのエネルギーは山彦のように自分に戻ってきます。そして次第に自分自身も「よし頑張ろう」って気になるらしい。

と言うことは、誰かに励ましてもらいたいなと思ってあたりを見回すよりも、積極的に自分が誰かを励ましたほうがいいのです。

余談になりますが、ふと気になる人の背中側から軽い気のエネルギーを送ってみた時、スーッと胸の前まで通り抜けることはあります。気持ちも前向きで行動の準備が整っている人だと判断出来ます。そうした場合たいていは身体の右半身の気の流れもスムーズなことが多いのが特徴です。

もしこういう人がみなさんの目の前にいたなら軽くポンポンと背をたたいて「頑張ろう、あなたなら出来る!」と声をかけてみましょう。きっと目が輝き始めアクティブに前に進み行くことの出来る人です。と同時に声をかけたあなた自身にも前向きなエネルギーが充填されることになるでしょう。

逆に背中側から胸にかけての気の流れがグーと詰まったようになって閉ざされている人もいます。こうした人たちは少々励ましてもなかなか前へ進むことはありません。せっかくの励ましも徒労に終わることになることがほとんどです。こうした人たちの特徴はお尻が重く、よほどのことが無い限り動きたくないのです。イライラしないで温かく長い目で見守ってあげるのが一番です。

自分自身の身体やお尻が重く前へ進めないと感じる場合は、胸部を中心としたエネルギーの自己浄化が効果的です。背中から胸にかけての気詰まりが解消されたなら、身体全体が軽く感じると同時に、高い確率で「一歩前に進んでみようかな」という前向きな気持ちに変化することでしょう。

直ぐにやってみたい人は7月のワークショップ(東京)にご参加ください。思考錯誤しながら一人でやるよりも浄化法のコツが手っ取り早く身に付きます。



応援クリックをよろしくお願いします


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ