「人の振り見て我が振り直せ」ということわざがあります。繰り返し聞いたことがありすごく正論なんだけど、耳の痛い言葉ですね。振りというのは基本的に動作や挙動を指しますが、その人の考え方や囚われといった精神的な要素も含まれるように受け止めています。

このことわざは自分に対する戒めの言葉であり、相手のミスや欠点を責めるのではなく、ただ淡々と受け止め自分の生き方を顧みてプラスに活かすことが語られているように思います。

今朝の気脈メッセージは「人の長所(=良い所)を見て心に留め置きなさい」と語っています。そうすることが自分を認めることであり自分を向上させることにつながるのだそうです。

人の長所って、あくまでその人のことであり、自分のことじゃない。なのにどうして自分を認めることになるのだろうという気がしませんか。ふと、以前に心に留まった言葉を思い出しました。

人のことを嫌いだと思うのは、その人の嫌いな面を見ているようであっても、実はその人という鏡に映った自分自身の姿を見ているのだそうです。つまりその人のことが嫌いだと思った要素をしっかり自分も持っているのです。

じゃあ、きっと逆も言えますよね。人の素敵なところや輝いて見えるところが、自分の内側のどこか備わっているはず。だから自分のハートに心地よく共鳴したのです。

「人の長所(=良い所)を見て心に留め置きなさい」そうすることが自分を認めることであり自分を向上させるのだという今朝のメッセージが何となくわかるような気がしませんか?

人の非難ばかりしていないで、その人の長所に気づきましょう。もしも目に余る欠点が見つかったなら我が身を振り返って気を付けましょう。人の素敵な側面を見つけてみましょう。その人の長所に気づいたなら、きっとあなたも同じように素敵に振舞うことが出来るはずです。

※自宅に居ながらオンラインで参加できる、『明日香天翔の誰にでもできる自己浄化のワークショップ1(120分)』が6月13日(土)に開催されることになりました。どうぞこの機会に手軽にできる自己浄化法をマスターしてください。



応援クリックをよろしくお願いします


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ