読者の方からハートの浄化についての質問をいくつかいただいております。今日と明日にかけて順にお答えしたいと思います。

1.ハートチャクラを浄化する、ハートチャクラが浄化されていないとどうなりますか?

ご質問ではハートチャクラと表現されていますが、ここ数年、私がブログなどで表現しております「ハートの浄化」というのは、チャクラと呼ばれる部分だけに限定せず、もう少し広い領域、つまり、胸部全体と言う風に受け止めていただければ幸いです。

部屋に設置しているエアコンのフィルターを掃除せず長年放置していると、フィルターの繊維がホコリや油煙などで目詰まりして空気の流れが遮られて効きが悪くなるのと似ています。

ハートで受け取るとか受け止めるといった基本的な受信機能が低下し、本来ならハートから発信されるはずだったエネルギーがほとんど発信されることなく滞ってしまいます。

結果として閃きや気づきの能力は衰え、相手の気持ちを受け取れず理解できないとか、自分の思いが上手く伝わらず人から誤解を受けることも少なくありません。その人の内側から醸し出される魅力のエネルギーがストップしますから、人から好感を持たれる機会も少なくなるでしょう。また、ときめくことが少なくなり、胸のあたりがズシンと重く感じることも多いはずです。


2.ハートチャクラが浄化されていない、閉じているということでしょうか?

意識的にハートの浄化をしないからと言って必ずしもハートが閉ざされているとは断言できません。しかし、私たちは日常生活の中で否定する思いを抱く時、目に見えないベールでハートを覆ってしまうし、マイナス感情が発生するとハートやみぞおちの部分に毒に等しいマイナスのエネルギーを溜め込んでしまうのです。当然、気のエネルギーはスムーズに流れず、ハートセンサーの機能も低下することになります。

(明日へ続く)



※東京と大阪の対面セッションでは気脈診による通常のリーディングの他に、全身のエネルギーの流れのチェックや、ハートセンサーの浄化とバランス調整を定番メニューとして体験いただくことになりました