どうすべきかが見えず、どう受け止めどう考えるべきかも見当がつかないといったジレンマに落ち込む暗示が表れています。一時的な現象かと思われますが、動揺し理性を失いますと更に深みにはまり込んでしまうリスクがありますから注意が必要です。

そうした状況に陥った時にどうすべきかを宇宙のエネルギーに尋ねてみましたが、どうやら即効性のある解決策は無いらしい。ただ一つ返ってきた答えは「その場を離れること」でした。

どうにもならない状況に遭遇した場面で、同じ場所に立ち尽くし、いくら考えてもそう簡単に解決の糸口は見つかりません。それ以上同じ場所で考え続けることを止めること。そして直ちに全く異なる環境(=別の場所)に身を移すことで意識の切り替えが起こり、客観性を取り戻すことが出来るようです。

分かりやすい身近な例えで言いますと、夫婦間や家族間の人間関係に問題が生じた場合が挙げられます。

感情的になり火花を散らしながら毎日顔を突き合わせていたならいつまで経っても互いに納得のいく答えにはたどり着きません。一定の期間離れた場所に身を移し、心を静め冷静に判断する時間を作ることが大切です。つまり期間限定の別居です。

勤務先の会社が嫌になったからって、退職願を出して直ちに会社を辞めてしまうのではなく、とりあえずは少し長めの休暇届を出し、気持ちを切り替え海外旅行にでも出かけてみてはいかがでしょう。

旅先で新鮮な空気を吸いながらそれまで自分が歩んできた毎日を客観的に見つめ直し、この先どう生きて行きたいのかを考えてみた時、意外な答えにたどり着く場合があります。

見えない壁に阻まれて行き詰まり身動きがつかなくなってしまったなら、頭を抱えながらいつまでも同じ環境に留まっていないで、思い切って全く異なる環境へ居場所を変えてみましょう。立ち位置が変われば今まで見えなかったことが見えるようになるのです。


応援クリックをよろしくお願いします


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ


↑楽天占いには毎日使える気脈診無料カード占いのページがあります↑