人は「この先どうすべきか」についてはよく考えますが「自分はどうしたいのか」についてはあまり関心を示しません。

自分がどうしたいのかをいくら考えたところで、どうせその通りにはならないんだから意味が無いと思ってしまうのかもしれませんね。

しかし今朝の気脈メッセージは「先ずは自分の心の中を覗き込むことだ」と語っています。外側に目を向けるのはその後からなんです。

ハートはなかなか本心を明かさず押し黙っているかもしれない。現実とのギャップに動揺しないようにプロテクトがかかっているのでしょう。

そこで諦めずに根気よく覗き込んでいますと必ず何かを語り始めるのです。「こんなのイヤだ」とか「ホントは今すぐにでもこういう風に生きてみたいんだ」とか内容は様々です。

心の声をただうなずくだけでいいですから黙って聞き届けましょう。それが自分の魂を尊重することなんです。「ああ、そうだったのか・・・。」でOK。

その後、いつものように外に目を向けアクティブモードに戻ればいい。昨日と同じような今日が始まる。でも自分の心の声を聴いた後だからもどこか何かが違うんです。

その後どうするとよいかについては語られていません。人それぞれであり同じ答えにはならないからでしょう。

私は10数年前のある日、自分のハートが辛くて苦しいのにじっと耐えながら大粒の涙をこぼしていることを知りました。ちょうど歯を食いしばって前向きに頑張っていた時ですから「まさか」と思った。

しかしその後「この先がどうなろうともう構わない。これ以上自分を苦しめることは今すぐ止めよう」と決心が出来たのです。

一日一度でいいから自分のハートの声に耳を傾けましょう。ハートの声に100%従って生きることは出来ないかもしれないけど、少なくとも自分の魂を尊重して生きる生き方に目が向くはずです。


ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ

◆明日香天翔のハートが共鳴する人や体験と出会いチャンスをつかむためのパーソナル個人レッスン90日間  New!