太鼓をたたいている人の姿を感じます。真上から手を振り下ろし太鼓を打つんだけど、打てども打てども音が鳴らないのです。

「この太鼓は欠陥品?これ以上打ってもいつまでも音は鳴らないのかもしれない」と半ば諦めかけます。しかし、少し離れた場所にいた人が横から太鼓の側面側をポンと叩くと見事なまでに大きく美しい音が鳴り響いたのです。

太鼓の音が鳴るというのは始動スイッチがONになってアクティブに動き出す私たちの姿やその状態を示しています。

ここで表現されているのは、いくら自分で自分を励ましたり奮い立たせようとしたって、素直に頑張る気にはなれないし、エンジンがかかることもない。しかし自分の外側(=外部)から思いがけない刺激や働きかけがあった場合には大いに反応することになり軽やかに始動が可能となるだろうという内容です。

停滞中の自分自身に対していくら自分で「がんばれ」「そんなことでどうするんだ!」などと檄を飛ばしてもそう簡単に状況は変化しません。まるで打っても打っても鳴らない太鼓のような気がするだろうけど欠陥品ではなくて打ち方が間違っているのです

いつまでも狭い自分の世界の中で立ち止まっていないで、もっと外の世界に向かって視野を広げると同時に関心のあるテーマに向かって飛び込んでいくことが大切です。

外に向けたエネルギーが今度は自分に向かって戻ってきて、今までどうしても鳴らなかった太鼓が美しい音で鳴り響くことになるのです。


ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ

◆ウィークリーで行われる明日香天翔の浄化の達人個人レッスンコース(99日間) ※満席となり受付を締め切らせていただきました。次回の募集は春以降になります。

◆明日香天翔のメール鑑定、スカイプセッションのお申込み

◆運命の相手はどんな人?未来の出会いリーディング