どうしても他の人たちと違う方向に目が向かってしまい、他の人たちとは異なる方向に進みやすいというというタイプの人がいます。私も若い頃そうでしたから思わずポンと背中をたたいて励ましたくなります。

よそ見しないで他の人たちと同じ方向に目を向けるべきでしょうか?一人だけ他の人たちから離れてしまわないように同じ方向に向かって進んでいくべきでしょうか?

答えはNO!です。心が惹かれる方向に目を向け、進みたいと思った方向へ進んでいくことが正解です。そもそも、よそ見という表現は不適切。本人は正直に心惹かれる方向を真っすぐ見つめているのですから。

ぜひとも自分を信じ心の赴くままに進んでいってほしいと願うのですが、中には「もしうまくいかなかったらどうしよう?」「足を踏み外す結果となるのが怖い」などと不安な人もいることでしょう。

じゃぁ、周りの人たちと同じように振る舞ったなら上手くいくのでしょうか。みんなと一緒なら足を踏み外すことが無いのですか?

自分らしい選択をして自分らしく生きて行く過程で、もしも上手く行かない場面と遭遇し苦労が待っていたとしてもそれほど辛くは感じないし前向きに乗り越えて行けます。

しかし、気の進まない選択をし自分らしくない生き方をしている中で、望まぬ結果が次々に待っていたなら最悪です。気力も失せ失望の中で過ごさねばならないことになるでしょう。


ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ

◆ウィークリーで行われる明日香天翔の浄化の達人個人レッスンコース(99日間) ※満席となり受付を締め切らせていただきました。次回の募集は春以降になります。