このまま真っすぐ進めば、ほぼ間違いなくゴールに到達出来るのは分かっているのですが、突然、遠まわり覚悟で脇道に反れてみたくなることってありませんか?

想定通りのコースをただ道なりに歩んで行くのが一番早くて安全なのでしょうけれど、変化に乏しくて何だかつまらないんです。

それに引き換え、脇道は舗装もされてなくてちょっと危なっかしいんだけど、何が待っているのか分からないという少しハラハラする未知の魅力がいっぱい。

しかし長い人生を脇道ばかり選んで歩んできた人にとっては、この先も継続して脇道を進み行くことにマンネリ感を感じる場合があるんです。「あーあ、ちょっと脇道を行くのも飽きてきたかなぁ」みたいな感じです。

こうした時には逆に元々進むはずだった真っすぐのコースに戻って直進で進んでみるといいらしい。って他人事みたいに書きましたが、これが今日の気脈メッセージなんです。

久々に歩む真っすぐの道は平坦で変化は少ないけれどいつになく何故か新鮮。今まで感じたことの無かった気付きや感動が待ち受けているのだそうです。

ということで今日のおススメは「与えられた道が退屈でつまらなくなったなら思い切って脇道へ反れてみること。しかし脇道歩きに飽きてしまったなら、もう一度元の道に戻って再び真っすぐ歩んでみること」でした。