テレビのクイズ番組などの回答者が語る答えに対して「ピンポ〜ン!」と心地良い音が鳴れば正解、「ブーーー!!」という不快音が鳴れば不正解だというルールはもう全ての人が当たり前のように受け入れています。

日常生活の中ででも二択や三択の場面がいくつもあり、ためらいもなくすんなり答えの出る時もあれば、結構迷ってしまってすぐに答えの出ない時もあります。

しかしいずれにせよ自分が決定した選択が正解だったのか不正解だったのかの結果は後になってからしかわからないのです。散々考え抜いて決めたのにその選択が思いっきり失敗だったみたいな時はがっかりですね。

「これかな?それともあれかな?」と迷った時に「ピンポ〜ン!」とか「ブーーー!!」という音が鳴りその場で答えがわかればいいのになと思うこともしばしばです。

全ての思考や感情をほんの少しの時間でいいから休眠モードに出来たなら、「ピンポ〜ン!」とか「ブーーー!!」という反応が自分のハートの中で起こっていることが分かります。

何かあるごとにハートは素直にイエス・ノーを自らのバイブレーションで語っているのです。慣れますとその感覚を大いに利用出来ます。胸騒ぎと言う現象も近未来に起こるアクシデントを予知した事前反応と言えるでしょう。

思考を外し、ただただ自分の胸の感覚であけをじっと見つめていたなら、心地良いバイブレーションが起こっている時と不快なバイブレーションが起こっている時との違いは分かるはずです。ときめいているかトーンダウンしているかと言う違いで感じてみても構いません。

この胸部に起こる反応を利用しない手はありません。慣れますと高い確率で最も自分にふさわしい判断が出来るようになります。

ただし、思い込みや決め付け、そして願望や欲望の思いが自分の心の中でかなりのウエイトを占める場合は必ずと言っていいほど正しい反応は起こりません。自分勝手に「Yes」だと決め付け舞い上がって突き進んでも全く逆のがっかりの結果となるのです。

ハートセンサーを利用する場合はあくまで思考や感情を取っ払った状態で行わねばならないのです。