しんどいことや辛いことも、人が喜んでくれることが励みになって頑張ることが出来ます。

また今取り組んでいることに生きがいやりがいを感じることが出来たなら、少々しんどくたって何のことはありません。

私は大学一年生の頃、大阪梅田にあった歌声喫茶こだまというお店で無給で働いていたことがあります。

当時はまだカラオケが普及していなくて、人がマイクを持って歌を唄う時には歌バンという楽器の生伴奏で唄うのが主流でした。

ピアノ演奏者募集の広告を見てすぐに飛んでいって面接を受けたんだど、初見演奏が出来なきゃ使えないということで残念ながら採用は見送り。ただし無給でよければ見習いとして来ても良いという条件でした。

ステージでピアニストの横に座って演奏者の譜面準備や譜面めくり、空き時間はホールに出てドアボーイなどの雑務を毎日7時間。半年ほど経って何とか使えるだろうというレベルになりようやく給料が支給されることになりました。

無給の間は他で稼いで埋め合わせをしなくてはなりません。朝の5時から大阪南港の道路工事現場で交通整理のガードマンとして働き、そのまま夕方にはお店へ出勤と言うハードな日々が続きましたが、夢と希望があったから挫折することもなく頑張ることが出来ました。

今自分がかかわっていることが夢も希望もまったく無く、毎日がただしんどくて辛くて虚しいだけだと判断したなら今すぐ生き方を見直すことです。せっかくの人生を無駄に過ごすのは大きな損失ですからね。

「自分はどう生きたいのか」を知り、流れに沿ってコマを進めることが出来たなら、少々しんどくたって、前よりもお給料が少なくなったっていいのです。

夢と希望を持ち「これでよし!」と笑顔で明るく毎日を生きて行くことが出来たなら、もうそれだけで100点なのではないでしょうか。


ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ


気が向いた時はこちらもお願いします


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ

◆明日香天翔のメール鑑定、スカイプセッションのお申込み