最近大きな失恋をした人にとっては、心穏やかではない年の瀬となりました。

あんなに好きだった映画やTVだって全く見る気にもなりません。例年ですと心楽しかったクリスマスやお正月も今はどうでもよく、周りで楽しそうにはしゃいでいる人を見るのもただ煩わしいだけ。

失恋ってどうしてあんなにも辛い体験なのでしょうね。失恋の胸の痛みは体験した本人にしかわからないものなのです。

いつの世も恋は儚いもの。相手のことが大好きで恋焦がれている間はまだ期待感いっぱいの夢心地が継続するのですが、失恋が決まったその瞬間に容赦なく夢も可能性も全てが何もかも消えてなくなるのです。

失恋した後いつまでも胸が痛いのは、まだ相手に対しての未練が捨てきれないからです。しかし、いくら未練を持ち続けていても、もう元には戻れない。早めに心を切り替え新しいスタートへ向けてコマを進めたほうが得策です。

しかしよく考えてみると失恋や失業(リストラ・肩たたき)の体験で傷つくのは常に片一方だけなんですよね。相手から三行半(みくだりはん)をつきつけられてがっくりと肩を落とす光景が目に浮かびます。

いずれ会社をクビになることが薄々分かっていたのなら、現実を受け入れ早めに心を決めてはいかがでしょう。

上司からむざむざ肩たたきをされる前に、こちらが先に退職届を叩きつけて新たなスタートへ向かうという手もあるのですよ。

恋愛だって同じ。フェイドアウトの終わりを待たず、こちらから先に「私たち、もうおしまいにしましょう」と切り出せば、みじめな思いを引きずらずに済むのです。


ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ


気が向いた時はこちらもお願いします


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ


◆1月17日(土・午前)明治神宮から受け取るパーソナルメッセージ

◆1月17日(土・午後)代々木八幡神社から受け取るパーソナルメッセージ

◆1月18日(日)東京で開催される明日香天翔の対面個人セッション


◆明日香天翔のメール鑑定、スカイプセッション、その他のお申込み