先日開催された、くにうみの島・淡路島・沼島クルーズ・パワースポットツアーに参加された皆様からいただいたメールを紹介します。

main3


Eさんから


天気も良く、海もおだやかで明日香さん達とのドライブを楽しみました。

淡路島の神社に並び立つ大きな岩山に登って古代から変わらず吹いている風を感じて。沼島に上陸してのんびりした空気に体がポカポカして、癒やされて。

海上から眺める沼島は、荒々しく鳥肌が立ちっぱなしで神様って本当にいるんだー!と確信。二つのパワーが同時に存在している不思議な島でした。又すぐにでも訪れたい!

一緒に旅した皆さんと受け取ったメッセージを心に刻みこんで忘れないようにします。明日香さん、皆さん、ありがとうございました。また、どこかでお会い出来ることを楽しみにしています!


Dさんから


一枚のチラシを見て、軽い気持ちで、渡ったものの 何も出来ず 引き返してから 5年以上経ち、念願叶ってやっと 『淡路島』を 体感することが出来ました。

淡路島では、御神体の後ろの森で、時間が止まったり、ゆっくりと流れだしたりと不思議な感覚を 経験させていただきました。

又、沼島では 島全体が 柔らかい空気で包まれていながら 沿岸部はとても力強く、芸術的な様相を呈しているのを 目の当たりにし、こんなに ワクワクさせてくれる場所が まだまだ有るんだと 実感させていただきました。

明日香さんには、終始 お気遣いいただき 本当に感謝、感謝です。又、ご縁あって ご一緒させていただいた 皆さん 楽しい時間をありがとうございました。

皆さんの 豊富な知識に感嘆するばかりでした。人生で 最高に充実した一日でした。



Cさんから


初めて明日香さんのパワースポットツアーに参加させて頂きました。淡路島も沼島もはじめて行きましたが、家に帰ってきたような懐かしい気持ちになりました。

車から沼島が見えてきたとき、明日香さんが「キュンキュンするでしょ」と仰って、本当にそうだ!と思いました。

いらないものが削ぎ落とされて、ここが自分の原点のような感じ、そして沼島周遊クルーズで見ることができた岩たちの姿は、すごい気迫で、恐れずに現実に向きあう後押しをしてくれているようです。
明日香さん、皆さん、ありがとうございました。


Bさんから

今回も素晴らしいツアーの企画、実施をどうもありがとうございました。明日香さんのブログに紹介された写真を見た時から、淡路島・沼島の素朴さ明るさ、一方で海から見た景色の力強い雄大さにひかれ参加しました。

淡路島・沼島ともパワースポットという言葉が小さく思えるぐらい、私にとって心地よく初めてなのになつかしい、いとしい場所でした。

沼島を海から見ると中央構造線上に位置するということで、あちこちにスケールの大きな景色がありました。グニャグニャに曲がった地層、海にそびえる大きな岩、島の側面にある洞穴。大地がどう成り立ったかを目のあたりにして、地球の素顔を見た気がしました。

楽しくあたたかい参加者の皆様、ずっと運転して私たちに気を配ってくださった明日香さん、
どうもありがとうございました。

Aさんから

沼島に始めて行ってから、8年。上立神岩を海から見たい気持ちが強くなり、今回申し込みました。

前回参加したツアーの時とは違って、自分自身は結論を出したと思っていたことに、ほんの少しわだかまりがあったことを天翔さんから伝えていただき、もう笑うしかありませんでした。

はい、もう本当の結論だします。前回のツアーで、伝えていただいたことと、今回と。私の中では、ピッタリ合いました。

今回行った沼島には、上立神岩と下立神岩、イザナギとイザナミ。合わさるイメージがあり、自分の気持ちと合わさるイメージと重なり、今までの自分の結論は、ナシだと思って行動していきます。

今回一緒に参加された皆さんとの、様々な会話からも沢山の刺激を受けました。楽しかった!そのひとことにつきます。

帰りに見た、夕日がとても印象に残った淡路島、沼島の旅でした。参加できて良かったです。ありがとうございました。

ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ


気が向いた時はこちらもお願いします


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ


★3/30開催!癒しフェア2014in OSAKA「心の目で見る気脈診リーディングワークショップ

4月5日に大阪で開催される明日香天翔の対面個人セッション

◆4月12日と13日に東京で開催される明日香天翔の対面個人セッション

◆4月18日(金)〜20日(日)に開催される明日香天翔の気脈診集中マスターコース+高千穂・熊本パワースポットツアー(Part7)

◆明日香天翔のメール鑑定、スカイプセッション、その他のお申込み