何でも挑戦!と書きますと、何でも手当たり次第にやるのかい?と思われるだろうけど違いますよ。

私の場合は、やると決めたものは徹底してやるが、やらないものは全然やらないのです。極端です。

ただし、好きなことだけやって嫌いなことは一切やらないというのもちょっと違う。それはわがままなお坊ちゃんやお嬢様の専売特許です。

人は苦手だと思うことに対してもなりふり構わず飛びかかって行きたくなる時があるはず。当たって砕けろって感じですよ。いつまでもずっと苦手なままなのは悔しいですものね。

恋愛下手の人はいませんか?「私は異性からモテない」と思い込んでいる人は魅力がないのではななくてただ単に恋愛下手なだけなのです。

相手からのアプローチをいつまで待っていても一向に埒(らち)があかない。人だってある程度の賞味期限があるでしょうから、いつまでものんびり構えている場合じゃないのです。

だったらなりふり構わずこちらから飛びかかっていってやるぞというくらいの覚悟を持つべきでしょう。

それから、自分一人だったら絶対にやらないようなことも、断りきれずに引き受けてしまったなんてこともある。「やります」と宣言したならとりあえずはやれるところまでやり切る決意を持たなきゃなりません。

何でも挑戦というのは、自分がやると決めたことに対しては好き嫌いや得意や苦手の区別なく無条件で全力投球するという意味なのです。

ああそれから、簡単にできてしまうようなことは「挑戦」にはなりませんよ。「挑戦」というからには目標がドカーンと大きくなきゃね。

恋愛を例にとって言うと、声をかけたら簡単に落とせそうな相手を選んでアプローチすることは全然挑戦なんかじゃなくただの妥協です。多くの場合、後で後悔することになります。

絶対に無理だろうなと思える高嶺の花に果敢にアタックするくらいの気構えを持つこと。討ち死に覚悟で立ち向かうことこそが挑戦なのです。

ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ


気が向いた時はこちらもお願いします


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ


◆10月25〜27日に開催される気脈診集中マスターコース+高千穂・熊本パワースポットツアー(2泊3日)のお申し込み

◆11月16日と17日に沖縄で開催される明日香天翔の対面個人セッション