目に見えないエネルギーを受け取るとか感じる為の極意はオープンハートな状態でアホになりきることだと思っています。

逆の角度から言いますと、警戒心や猜疑心が強く心を閉ざしていて、頭が良くて理性を重要視する人は、目に見えないエネルギーを受け取るとか感じることが苦手です。

能力があるとか無いとかは無関係で、自分の内側に備わった器に蓋をしてしまっている為、何も入って来ることが出来ないのです。

神道系能力者Fさんは、すごい力を発揮したのですが、見事なまでに自分の技法については何も語らなかった。冷たい人だなと思ったこともあるけど、目に見えないエネルギーをどういう風に受け取りどう感じればいいのかの質問は愚問だったのです。

「心を閉ざしている限りは何も見えないし何も聞こえないよ。頭で判断しようとか理解しようとしたって何もわからないよ。」ってことだったのでしょう。今になってFさんの気持ちが少しわかるような気がします。

ずるいとかケチだったわけじゃない。どう受け取るのか、どう感じるのかをいくら繰り返し聞いたって、いくら表面的な技法の練習を繰り返したって意味をなさないのです。まずは心をオープンにしなきゃね。

私はFさんと初めて出会った頃、警戒心がありましたからしっかり心を閉ざしていました。だからどんなにあがいても何も感じなかったのです。でも相手を信頼し心をオープンにして何も考えず行動を共にすることで爆発的にすべてが変化しました。

日常生活の中でもそうでしょ?例えば飲み会や娯楽系のイベントに参加して周りは楽しそうにしてるのに、自分だけ少しも楽しくなくて白けている時は心を閉ざしていることが多いですもの。ハートを閉ざしがちな時は普段の生活の中でハートが共振しないから、なかなか感動も起こりにくいです。

だからといって365日いつでもオープンハートのアホで行きましょうとは言いません。閉ざすのも開くのもそれぞれの自由。ここ一番の時だけカチンとスイッチを切り替えればいいのです。

目に見えないエネルギーを受け取ったり感じようとする時や、もうこれは絶対に楽しまなきゃという場面ではオープンハートな状態でアホになりきるべきだと思うのです。

複数のメンバーで行くパワースポットツアーでも同じ。もし信頼関係が生まれたならどうぞあと一段階心をオープンにしてみてください。ややこしい屁理屈やエネルギーを受け取るための技法なんて無視したっていい。オープンハートな状態で楽しみ切ることができたなら、きっと素敵なギフトを受け取ることができるはずです。

7月13、14、15日の明日香天翔のあらゆるものをリーディングする力を得るワークショップでは、様々なリーディングを行いますが、神社やパワースポットと呼ばれる場所のエネルギーを受け取り言葉にする方法をお伝えし3日目には実際に全員で神社に行って力試しをしてみようと思っています。



ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ


気が向いた時はこちらもお願いします


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ


◆6月15日と16日に東京で行われる明日香天翔と小澤智明のセッション

◆7月13、14、15日の明日香天翔のあらゆるものをリーディングする力を得るワークショップ(東京)

◆スカイプを利用した気脈診対面個人セッションのお申し込み