「あなたが撮影した神社の写真をエネルギー鑑定します」のコーナー。本日ご紹介しますのはMOさんからお送りいただいた神奈川県の大山阿夫利神社です。

大山阿夫利神社

名称:大山阿夫利神社(おおやま あふり じんじゃ)
所在地:神奈川県伊勢原市大山
ご本尊:大山祇大神(おおやまつみのおおかみ)、摂社奥社に大雷神(おおいかつちのかみ)、前社に高龗神(たかおかみのかみ)

こちらは、大山(別名は雨降山、あふりやま)の中腹にある大山阿夫利神社下社です。その本社は山頂にあり、ご神体は石尊大権現と呼ばれる霊石です。

本社は第10代崇神天皇の頃(紀元前97年頃)の創建されたそうですが、この下社は、明治の神仏分離の際ここに設けられました。

それ以前、この下社の場所には雨降山大山寺がありました(それに伴って大山寺は移転。ご本尊は不動明王)。

「あふり」の名は、常に雲や霧を生じ、雨を降らすことからこの名が起こったといわれており、山野の幸をつかさどる水の神・山の神として、また、海上からは羅針盤をつとめる海洋の守り神、さらには、大漁の神として信仰をあつめてきたそうです。


☆お答え

写真全体から受け取れるのは「正面方向からあなたへ訪れるチャンスは一度きりであり、機会を逃せば手の届かぬ後方へ遠のく」というフレーズです。

チャンスはそう度々来るものではないから、これだと思ったならためらわず全力でキャッチすべきだという意味です。

機会はいつまでもあなたの前に留まらず、躊躇している内にスーッと遠ざかっていってしまい、しまったと思う時にはもう手遅れとなるのです。

拝殿付近のエネルギーからは「集中力」とか「方向性」を示すキーワードが現れています。「余計なものを切り離し、集中力を持って目指す方向に進み行きて吉」と判断してよいでしょう。

拝殿の後方の山からは、参拝者に対して「変化」や「切り替え」を促すエネルギーを感じます。一心に目的に向かうも、身の回りの状況は変化してやまないものだから臨機応変に進み行く角度を調整変化させる舵取りを心がけよと語りかけているものと考えられます。

※「あなたが撮影した神社の写真をエネルギー鑑定します」のコーナー。読者の皆様からお送りいただいた神社の写真を明日香天翔がブログにて無料鑑定いたします。詳しくは→ こちら



ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ


気が向いた時はこちらもお願いします


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ


◆6月15日と16日に東京で行われる明日香天翔と小澤智明のセッション

◆7月13、14、15日の明日香天翔のあらゆるものをリーディングする力を得るワークショップ(東京)

◆スカイプを利用した気脈診対面個人セッションのお申し込み