前しか見ずにがむしゃらに生きていた若い頃、私は次々といろんなことにチャレンジしました。

「大丈夫なの?」と心配する人も複数いましたが、周りがどう思おうとも知ったことじゃないし、興味がありませんでした。ただ自分を貫き突き進み行くことしか考えなかったのです。

追い風の働きもあり、流れは何もかも思い通りに進んでいったかのように見えました。

しかし私のそうした生き方には落とし穴が隠されていました。スピード感覚に麻痺してしまったのでしょう。さらに大きな刺激がないと落ち着かなくなる「もっともっと症候群」に陥ってしまったのです。

さらに大きな変化や刺激を求めて次に進む日々。心は常に「もっと、もっと!」って叫ぶのです。

後になって気づいたのですが、私はどこかで脱線して大破しないと止まれなくなってしまっていたのです。

絵に描いたような脱線と転落。

特急列車に乗って突っ走るのもいいけど、時には各駅停車の列車に乗りかえ、こまめに途中下車してみる経験も必要なのです。

それまで目に止めることもなかった小さななことや野に咲く一輪の花にも感動できるようになったのは40代前半になってからでした。

刺激的なことに対しても、ほんの小さなことに対しても分け隔てなく喜べるようになってからは、何だかこの世の色も香りも輝きも全て以前とは変わってしまったような、不思議な満足感が全身を包むようになりました。


ポチッとクリックしてください


スピリチュアル ブログランキングへ


気が向いた時はこちらもお願いします


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村ランキングへ


◆5月24日〜26日気脈診集中マスターコース+高千穂・熊本パワースポットツアー(二泊三日)

◆6月15日と16日に東京で行われる明日香天翔と小澤智明のセッション

◆スカイプを利用した気脈診対面個人セッションのお申し込み