昔々、占い師が書いた一冊の本を読んだことがあります。占いの方法について書いてあるのではなくて、自分が占い師として生きてきた中で気づいたことや感じたことについて書かれていました。

何が書いてあったのかもうすべて忘れてしまいましたが、一つだけ今も覚えていることがあります。

著者は経済的にマイホームを購入することもできたのですが、あえて自分の意志で小さな古い借家に住み、日常生活もとっても質素な暮らしをしている。決して贅沢はしないのです。理由は「自分に与えられている運を早々と使い果たしてしまいたくなかったから」だそうです。

人の運は最初から決まっていて一生分使い切ってしまうと無くなってしまうものだから無駄遣いせず大切に使うべきらしい。へぇ、本当なのと思う反面、もしそうなら何だか平凡すぎてつまらない気がしたのを覚えています。

でもこの考え方には一理あります。宇宙は完全なまでに平等であり、私たちが受け取るエネルギーと放出するエネルギーは常に等しいのです。贅沢な暮らしが「受け取り過多な状況」であるなら、それに見合っただけの放出や還元がなければバランスが取れなません。

バランスが偏り過ぎると逆方向にエネルギーが働くことになり「受け取り過多な状況」はもはや継続することができなくなる。ある日を持って雪崩のように現状が崩壊することだってあり得るわけです。

となると、やはり運は使い切ってしまうと無くなってしまうものなのでしょうか?

いいえ、そうとは限りません。ざっと世の中を見渡しても数多くの例外が存在します。確かに最初から決まっている人それぞれの運というものもあるでしょう。でもそれはそれぞれの生き方によって増減してしかるべき。

たとえ個人的にどんなに質素倹約の生活をしていても、受け取るばかりで、人や周りに与えることを怠って生きていたなら運気は先細り消滅します。

少々豊かな暮らしをしていても、自分の受け取っているエネルギーと同等のエネルギーを放出していたならバランスは維持されます。また、自分が受け取ったエネルギーをはるかに上回るエネルギーを放出している人は、運気が尽きるなんてことはなく、さらに大きな運気を受け取ることになるのです。

週末の土曜と日曜日は東京で気脈診個人カウンセリングが開催されます。今の自分の状況と近未来への流れを客観的に知ることにより、新たな指針が明確になります。スタートをかけるのは今。充実した2013年を実現するため、一歩先んじて行動に移しましょう。


ポチッとクリックしてください


人気ブログランキングへ

気が向いた時はこちらもお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


◆2012年12月に大阪で開催される明日香天翔の対面個人セッション

◆12月度気脈診集中マスターコース+出雲パワースポットツアー(一泊二日)
12月8日(土)9日(日)

◆12月22日東京の明日香天翔の心の目で見るワークショップ1(基礎編+実践編)12名定員

◆12月23日東京の明日香天翔の心の目で見るワークショップ2(応用編+明治神宮ミニツアー)12名定員 パーソナルメッセージ付き

◆スカイプを利用した気脈診対面個人セッションのお申し込み