つらいことや苦しいことに出会って落ち込んでいる時、周りの人が面白いことを言ったり冗談を言ったりしても笑えない場合があります。それでも無理に笑おうとすると顔がこわばったりして。こういう時って本気でダメージを食らっているんでしょう。

もう自分の限界を超えて徹底して落ち込んだ時って経験がありますか?そういう時って何が可笑しいのか全く不明だけど、突然笑ってしまうことがあります。しかし頭の中は「おい、どうした?笑ってる場合じゃないだろ?」って少し不思議がっている。

つらさや苦しさの強弱とは関係がなく、つらい思いや苦しい思いをいつまでも掴んでいるのか手放したかの違いです。台風の渦に巻き込まれ混乱している自分と、台風の渦から離脱して離れた位置から眺めている自分との違いなのでしょう。顔がこわばって笑えない時は、鏡の前に立って写ったその変顔を見てバカバカしくなって笑ってしまいましょう。

人生を笑って過ごすのも深刻なものにしてしまうのもこころがけ次第。どうすりゃいいかなんて誰もが100も承知しています。言い古された言葉になりますが、いつまでも自分が出来ない理由ばかりをずらずら並べて言ってないで、とにかくやってみる方法を考えましょう。

あなたの周りが幸せであることを願うなら、あなたが幸せでなくてはならないのです。

ポチッとクリックしてください


◆5月27日と28日に東京で開催される明日香天翔の対面個人セッションのお申し込み

◆6月2日(土)に開催される天河神社・龍穴神社日帰りパワースポットツアー

◆6月17日に大阪で開催される明日香天翔の対面個人セッション

◆7月14〜16日東京で開催される明日香天翔の占い師養成徹底集中コース

◆スカイプを利用した気脈診対面個人セッションのお申し込み