放射能による被爆を怖れ、大勢の人が福島から逃げ出しましたが、逆に被災した人々を助ける為にわが身をかえりみずボランティアを買って出てまで福島に向かった人々がたくさん居ました。

ある海外のミュージシャンが被災者の方々に少しでも元気になってもらいたいとわざわざ来日して現地でコンサートを開いたとか。いずれの方々も立派な人たちだなと胸が熱くなります。

昨日、人から聞いたのですが人々に心を説き不安な中で過ごす人々を安心させる立場にあるお寺のお坊さんたちも(全員じゃないですが)我先に逃げ出したそうです。

そうした中、被災に傷つき、不安の中で過ごす福島県民に勇気を与えようとダライラマ14世が来日し、福島で「苦しみを乗り越え、困難に打ち勝つ力」と題して力強く講演をしました。その大きな使命感と果敢な行動力には頭が下がります。

妊婦の方や小さな子供を持つ女性が危険回避のため安全な場所に避難するのは仕方ないと思いますが、多くの人々に影響を与える立場の人が日ごろは偉そうなことを言っているくせに、こうした場面でなりふり構わず我先に逃げるのは何とも情けない姿ではないかと恥ずかしく思いました。


ポチッとクリックしてください

人気ブログランキングへ


◆3月24日(土)25日(日)東京表参道EX-LOUNGEで開催されるIBOKのイベント

◆スカイプを利用した気脈診対面個人セッションのお申し込み

◆5月18〜20日 気脈診集中マスターコース・高千穂熊本パワースポットツアー(Part2)

◆7月14〜16日東京で開催される明日香天翔の占い師養成徹底集中コース