この間、伊勢に行ってタクシーの運転手さんからおいしい手打ちの伊勢うどんの店を紹介してもらい食べに行った時のことです。

2つのテーブルに分かれて座ったんだけど全員が迷わず「伊勢うどん」を注文。でも、お昼ご飯が伊勢うどんだけじゃ少し物足りないなとみんなが思っていたのでしょう。注文は終わったのに、そのままメニューを手放さずに見ているのです。

何かおいしそうなものはとメニューを探していて一番に目に飛び込んだのはカツ丼。「サブメニューでカツ丼も頼んじゃいましょうか?」とたずねてみると、ノータイムでハナマルのOKサイン!

カツ丼

結局、最初に頼んだ伊勢うどんよりもカツ丼が先にテーブルに出てきたのですが、この揚げたてのカツ丼の何とおいしかったこと。

すみません、言いたかったのはただそれだけです。何だつまらないと言わないでくださいね。珍しくも何ともない無いありふれた一コマなんですが、私の胸には深く刻み込まれています。

元気に伊勢まで行けたという幸せ。もしも体調が悪かったなら行きたくても行けなかったでしょうからね。それから、昼間からおいしくカツ丼を食べることの出来た幸せ。胃腸が弱かった若き日の私はサブメニューでカツ丼なんてまずは食べれなかった期間が結構長い間く続いていたのです。

同じ目的を持ち一緒に旅をする年齢バラバラのメンバーの皆さんと同じテーブルで「おいしいね」といって笑顔でカツ丼を食べることが出来たあの昼食のひと時が、何と健康で平和で幸せな時間だったのだろうと今も思い出すのです。


ポチッとクリックしてください

人気ブログランキングへ


◆3月24日(土)25日(日)東京表参道EX-LOUNGEで開催されるIBOKのイベント

◆スカイプを利用した気脈診対面個人セッションのお申し込み

◆5月18〜20日 気脈診集中マスターコース・高千穂熊本パワースポットツアー(Part2)

◆7月14〜16日東京で開催される明日香天翔の占い師養成徹底集中コース