何をやっても何度やってもダメな時があります。もうイヤになってしまうけど逃げ出すわけには行かない。ツキから完全に見放されているのでしょうか、それとも何かに呪われているのでしょうか。

ツキが落ちるという現象は確かに存在します。それが原因ならツキを引き戻す工夫をすればよいのです。ポーカーや麻雀などのゲームをする人ならピンとくるでしょ?

ツキが落ちるとかツキが回ってくるという現象。ツキを引き戻すには大きな手を狙わず、とにかく小さな手でいいら何度か上がって勝ちぐせをつける方法が一番。ぼんやりしているけど流れを変えるにはこれです。

何かに呪われていることってあるでしょうか。稀にそういう場合もあるだろうけど、確率にすればごくわずかであり無いに等しいと思われます。呪われているなんてことを考えなくてよいのです。

何をやっても何度やってもダメな時。神様が何かを伝えようとしてるのではないだろうかと思ったことはありませんか?「今の苦悩から何かを学んでごらん。」とか「そろそろ、その繰り返しはやめたらどうだ?」とか「あなたには、もっと他の生き方が用意されている」みたいな。

何をやっても何度やってもダメな時、頭に血を上らせて大切なことを見失っている場合があります。静かに目を閉じて心の中を覗き込んでみましょう。声なき声に耳を傾けてみましょう。一気に明るい光が差し込み「何だそうだったのか!」と気付くと共に目の前の流れが変わります。

といっても光も見えないし、どうすればいいのかさっぱり思い当たらん!と思った人は、せめて今の心がけだけでも明るく変えてください。どう転んでも命までは取られないんだから。

そういう風に考えますと、何をやっても何度やってもダメな時は忌まわしい時では無く(プラスの流れへ転換する)チャンスなんだという考え方も成り立ちます。今この瞬間をどうあるによって未来は確実に変わるのです。未来を悲観する必要なんてありまん。前進あるのみ。


ポチッとクリックしてください

人気ブログランキングへ


◆3月24日(土)25日(日)東京表参道EX-LOUNGEで開催されるIBOKのイベント

◆スカイプを利用した気脈診対面個人セッションのお申し込み

◆5月18〜20日 気脈診集中マスターコース・高千穂熊本パワースポットツアー(Part2)

◆7月14〜16日東京で開催される明日香天翔の占い師養成徹底集