明日香天翔の気脈診

気は脈打ち、自らその存在を知らしめるなり

2011年01月

逆をやっていませんか?

人はマインドが作り上げる妄想を本当だと思って苦しみの渦に巻き込まれます。ただし、他人から「あなたは自分の作り出した妄想に苦しんでいるんだよ。」と言われたって、今、現実問題として、胸をかきむしるような苦しみを感じているのは明らかな事実な訳ですから、なかなかピンと来ないんです。

でも、人は自分が取りとめも無い夢や妄想を作り出すことを知っています。そして夢や妄想を真に受けて生きるのは危険だとも認識しているのです。

ワークショップで「あなたの無意識が受け取った情報を言葉にしてください」と言いますと、首を横に振り「何だか自分が作った妄想のような気がするんです。」と、躊躇する人がいます。確かに自分のマインドが知覚や認識に影響を与えることは茶飯事ですが、全てを妄想だと決め付けてしまうのは、自分で自分の受信感覚に対して「オマエなんて信頼できないいい加減な存在なのだ」と否定していることに他ならないのです。

それで居て、取りとめも無い幻想やにわかに湧き上がる思いにだけには、なぜかいつも敏感に反応して苦しんでいるなんておかしな話です。人生がうまく回らない時って私たちは往々にして逆さまをやってるんですよ。信頼しなければならない大切なことを足蹴にして、余計な邪魔者を大切に抱きかかえ頬を摺り寄せているみたいな。

気脈塾は、こんがらがってしまった生き方を修正し、これからの人生に自信を持っていただく為の場でもあるのです。2月の気脈塾が目の前に迫りました。6日の日曜日は大阪、そして11日の金曜日は東京です。今まで何度も参加くださったメンバーのみなさんはもちろん、全く初めての方や「幸せを呼ぶ気脈診」をお読みになってお越しくださる皆さんのご参加を歓迎しています。

気脈塾詳細はこちらです →  IBOK JAPANショッピングサイト



バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

否定は謙虚さではなくて、せっかくの可能性の芽を踏みつける呪縛

私はワークショップや気脈塾で「私たちの可能性は無限です」といセリフをよく口にします。「そんなの一回聞けばわかってるんだよ。」と苦笑する人もいらっしゃいますし、耳タコになっている人も多いだろうと思います。でも、それを承知の上で何度も繰り返し申し上げているのです。

長年の間「私には出来ない」「私なんて無理に決まってる」などと否定し続けてきた人の心は鋼鉄の鎧で覆われています。外側から祝詞をあげてもマントラを唱えてもビクともしません。

しかし、もしも「私には出来ない」が「ひょっとして私にも出来るかもしれない」と変化し、「私なんて無理に決まってる」が「すべてが無理だとは限らない」と変わったなら・・・。ほんの少しでも意識転換が起きたなら事態は大きく変わり始めます。

「0」が「1」になるのです。たかが「1」に過ぎないじゃないかと思われるだろうけど、偉大な「1」なんです。閉ざされた「0」はいつまで経っても「0」のままだけど、殻を破って産まれ出た「1」は後に「10」や「100」へと拡大していくパワーを持ちます。

「私たちの可能性は無限だ」という言葉を頭だけで知っても何も起こらない。ただの16文字の羅列に過ぎません。しかし、心を開いて繰り返しこのフレーズを聞くことで潜在意識にまで到達し、そこで大きな意味を持ち出し、今まで強固に心を覆ってきたものに変化が起こり始めることになります。

こうした事例は霊性アップのワークショップや気脈診のトレーニングの場面だけに留まりません。日常生活において「私は無能だ」とか「私には魅力が無い」などと決め付けている場合だって同じですよ。

対面セッションで類似した相談を受けることがありますが、今まで相談者が無能だとか魅力が無いなどと思ったことは一度もありません。「あなたが自分で自分の能力を閉ざしている」「あなたが自分で自分の魅力を閉ざしている」だけです。あなたは有能であり、あなたは魅力的なのです。



バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

頭の満足と魂の満足とは違う

あなたの人生で一番大切なものは何ですか?

1、地位や名誉
2、お金
3、人間関係
4、愛
5、自由
6、悟り

私は若い頃、地位や名誉やお金が一番大切だと考えていました。だからそれらを得る為には何もかも犠牲に出来たのです。しかし、年齢を重ねるごとに次第に価値観は変わっていき、何ものにも拘束されない自由を求めるようになりました。拘束の中ではどんなにきらびやかなものも色あせて見えたからです。

だからといって、地位や名誉やお金を求めることが愚かしいだなんて思いません。いい歳をしていつまでも懲りずに女性のお尻ばかり追いかけているお父さんがいますが、それだってある意味微笑ましいと思います。正直な人なんです。

頭の満足と魂の満足とは似ているような気がするけど明らかに違います。頭の満足は到達すると短時間で醒めてしまいますが、魂の満足はなかなか醒めません。むしろ更に輝きを増すのです。

求めていたものが手に入って最初は心は大いにときめきますが、何日か経ちますと「ん?なんか違うぞ」みたいに醒めて感じた経験はありませんか?何をしてもすぐに飽きてしまう人を世間は根気が無いとか飽き性だと低く評価するけど、自分の魂が本当に満足できることをコツコツと追い求めている人なのかも知れないのです。

人生はチルチル・ミチルの幸せの青い鳥の話に似ています。やっとの思いで青い鳥を手にするんだけど、両手で捕まえてみると青い鳥じゃないのです。でもがっかりする必要などありません。何度も立ち上がってこれからも幸せの青い鳥を探す旅を続けることが出来るのですから。


バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

体験出来てよかった

私の人生は挑戦の繰り返しだったと思います。うまく行ったこともあったけど、沢山失敗もしました。人から指差して笑われることもあり、失敗が決して心地良いとは思えなかったけど、そうした失敗体験を通して得たものが沢山ありましたから、過ぎ去ってみれば「分け隔てなく色々体験出来てよかった」となっています。

負け惜しみではありません。もしも何もかも思い通りに進み順調に今日まで来たなら、最も大切な人生の価値を見逃していたでしょうし、今の私は存在しません。

1月16日に大勢の皆さんと一緒に京都ツアーに行きました。雪の京都は素敵だったけど、途中で景色も見えなくなるほどの吹雪に出会ったり、三千院から鞍馬に向う最短の山道が凍結と積雪の為、思いっきり遠回りをして鞍馬まで向う羽目になったり、鞍馬寺奥の院から貴船に向う大切なコースの途中で進路が突然の倒木の為ふさがっていて、やむを得ず引き返すことになったり、山から下る凍結の雪道で足を滑らし大転倒したり、せっかく入り口までたどり着いた上賀茂神社に到着がわずか2分遅れた為、中まで入ってお参りすることが出来なかったり、波乱も多かったのです。

たった一日の短い時間のツアーだったけど、歓声を上げて喜んだりガックリため息をついたりもして、なんだか人生の縮図みたいだったなとも思いました。参加者のみなさんには申し訳なかったけど、過ぎ去ってみれば、すべてのアクシデントを含めて「体験出来てよかった」と思っています。

過去を振り返り、一日を振り返り、よかったと思った瞬間に、あんなに辛かった事や大変だった記憶さえもキラキラと輝き始めるのです。



バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

ぬるま湯から飛び出す勇気が人生を変える

私はどちらかと言うと普段のお風呂は熱いお湯(42〜43℃くらい?)が好きですが、温泉好きな人はもっとい低い温度のお湯が良いと聞きます。これはわかる気がします。あまり熱いお湯だとそう長い時間浸かれないですものね。せっかく時間かけて温泉まで行ったのにお湯が熱すぎて1〜2分ほど浸かって、速攻でオシマイというのも何とも味気ないです。

温泉を楽しむ習慣には古い歴史があって、日本文化そのもののような気がします。癒しの場であり、一緒になった人々との社交場であり、自由にくつろげる楽しみの場でもあります。私も機会があればぜひ各地を回ってみたいです。

ただし「ぬるま湯」という表現は昔からあまりよい意味で使われないことも多いですね。元々は単にお湯の温度の意味だったはずなのに、いい加減な様子や居心地の良い状態を、堕落しているという意味として表わす言葉にもなっています。

必ずしも「ぬるま湯=堕落」だとは思いません。しかし、いくら心地良い温泉もずーっと浸かりっぱなしなら、どうしてもふやけて腑抜けになってしまうかもしれない。特に若いみなさんは、同じ状況で妥協し変化を拒絶することなく、適度にメリハリがある人生を体験されるほうが良いでしょうね。

私がまだ30歳くらいの頃、新聞か雑誌だったかは忘れましたが、興味深いフレーズを読んで大いに勇気付けられたことがあります。「ぬるま湯に浸かっているのは、少しものたりないながらも快適だから、ずっといつまでもそのまま浸かって居たくなる。しかしぬるま湯はだんだん冷めていきやがて冷たい水になってしまうだろう。あなた方は風邪を引いてしまうのだ。そうなる前に勇気を持ってぬるま湯から飛び出し、暖かな日差しが差し込む緑の丘の上に駆け上がろうじゃないか。新しいスタートはここから始まる。」

ぬるま湯から飛び出すのはホントに勇気が要ります。寒い冬ならなおさらです。一時的に体温が下がってゾクッときます。でも、そのままだといずれ風邪を引いてしまう訳ですから、決心がついたなら早めに飛び出したほうが良いでしょう。「風邪を引く前に、今から暖かな日差しが差し込む緑の丘の上に駆け上がるんだ!」と思えば何だって出来ますって。例え万一それが失敗に終わったって全然構わないのです。


バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

番外編・苦い体験は心の教師

昨日の続きを書きます。昨日アップしました「苦い体験は心の教師になります」を先にお読み下さい。

A子さんには余計なお世話かも知れないけど、つい「あなたが手に持っている焼けた石を放してみては?」と言ってしまいます。すると大抵「そうね。でもそれが簡単に出来たなら苦労なんかしないよ。」という意味の答えが返ってきます。

そして「あのね、ひとこと言っておくけど、私は何も好き好んで焼けた石を持っている訳じゃないの。ここまで歯を食いしばって持ち続けてきたものを今更簡単に手放すことなんて出来ないだけなんだよ。周りから軽く見られるのも悔しくてイヤだし・・・。それに、そもそも辛い事から逃げてばかりいては人は成長しないよ。なんとしてもこの現実を乗り越えなきゃ。」と、焼けた石を手放さない理由はどんどん続きます。

A子さんの意思は固い。でも私は決して愚かしいとは思いません。違った意味で声援を送りたくなります「がんばれ〜!」って。人情としてA子さんは石を手放せばいいのにとは思うけど、何が何でも手放すべきだとは思いません。A子さんは安易に他者の意見を受け入れず、自分の体験を通して学び、答えへ到達しようとしているのです。

外部の人たちがA子さんの握っている焼けた石を無理やり取り上げることが出来るかもしれない。でもそれは余計なお世話なんです。必ずしも「A子さんの為だ」にはなりません。むしろそれはA子さんの学びのチャンスを奪うことなのです。



バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました


苦い体験は心の教師になります

A子さんは焼けた石を握り締めながら「うーん 熱い。手が焦げそう〜。でも、こんなことで簡単に石を離してはいけないのだ。辛抱して握り締めなきゃ。」と苦しんでいます。

休日を利用して多くの人が訪問する森林公園。澄み切った空気と大自然の美しさが人々の心を癒してくれます。しかしB太郎さんはたまたま公園のはずれに放置されていた犬の糞の側で、顔を近寄せまじまじと糞を見つめ目を放すことが出来ません。「ん〜。何と汚らしい犬の糞なんだ。それに思いっきり悪臭を放っているじゃないか。ずーっとこうしてここに居ると、だんだん食欲も失せてきたし・・・。チクショー!だんだん気分も最悪になってきたぞ。」

ちょっと極端に書きましたが、A子さんやB太郎さんみたいな人は意外と多くいるのですよ。客観的に見るとどうすりゃいいのかなんてすぐわかるんだけどね。本人には見えないのです。私だって数え切れないくらい経験があります。そして後になってバカだったなぁと思うんです。

よく考えると答えはとても簡単でシンプルだった。何度も体験して苦い思いをして、答えに気付いたなら次からもう二度と繰返さないことです。苦しみから抜け出した自分に気付いた時、心地良い脱力感の中でなーんだそうだったのかと、思わず笑いが込み上げてくるでしょう。

せっかくの人生なんだから色んなことをたくさん経験しましょう。苦しいことや辛い体験が思わぬ気付きやずっと求めていた答えに私たちを導いてくれます。泣いたり笑ったりしながら懸命に生きている姿が一番いいんじゃないかなといつも思っています。最初からノーミスの優等生のサラブレッドじゃ何も学べないのですよ。


バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

チャンスを活かしプラスへの流れへシフトしよう

2011年が始まり20日余りが過ぎましたが、今年に入ってから比較的にアクティブに過ごした人の中には「期待外れ」「失望」「白け」を感じた人が意外に多かったのではと推測しています。

神の選別が起こっているような気がします。少々頑張っても思うようにはならないものだと意気消沈して二月以降そのままパワーダウンしてしまう人たちと、逆に気持ちを吹っ切ることができたとか気付きが起こって納得に至り、意気高揚してプラスへの流れへと転換できる人たちの二つの流れ。

一年のスタートをうまく乗り越えたいものです。変化は2月に表れます。神様が意地悪しているのではなく、チャンスの機会を与えてくれているのだと受け止めるべきでしょう。あらかじめ決められたシナリオ通りにしか進めないのではありません。どう展開させていくかの鍵を握っているのは私たち一人一人なんです。

今月も残り少なくなりました。悔いを残さないように全力で進みましょう。第10回気脈塾(大阪)は2月6日(日)開催です。今回のテーマは「隠れた裏側を見抜く方法」です。驚きの体験ワークを行いますのでどうぞお見逃し無く。


バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

今日は月一回の水汲みの日!

今朝は朝早く起きて奈良県南部まで天然の湧き水を汲みに行きます。色んな湧き水がありますが、自分にピッタリの水と出会ったら、毎日飲んで自分の身体の中の水分を全〜部その湧き水と入れ替えたくなります。

滝


しんどい思いしてわざわざ遠くまで行かなくても通販で天然水を買えばいいやんと複数の人に言われるのですが、あの場所に湧き出すあの水を何としても飲みたいと思った日には、どんなに遠くてもどんなに身体が疲れ果てていても車をぶっ飛ばして汲みに行くことにしています。

なんてカッコつけて書きましたが、ホントは少し違うんですよ。遠方まで出かけ毎回250リットルもの水を持ち帰るのはやはり大変。この水汲みの行事がいつまで続けられるのかという自分への挑戦でもあるのです。続いている間はまだ何とか現役、気力が失せて続けられなくなったら隠居なのだと自分に言い聞かせています。

という訳で、今日も頑張って行ってきます。(‘ー‘)/~~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追伸 只今帰宅しました。13:50
250リットル持ち帰りの証拠写真です。あらゆる容器に詰めまくりの二階建てです。帰宅途中に立ち寄った道の駅「大淀Iセンター」にて撮影。

水汲み車内




バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

貴船神社奥の院メッセージと最後に見た上賀茂神社参道からの夕焼け

貴船神社奥の院

貴船神社に本殿にお参りした後、私たちが次に向ったのは貴船神社奥の院、少し距離があって片道20分かかりますが、せっかくのチャンスだから行ってみました。

傘も差さず雪まみれで歩いていると、Iさんご夫妻が見かねてご親切に傘を一本貸してくださいました。「Iさん、ありがとうございます。」

奥の院のご祭神は説明書き立て札表示では「高おかみの神」となっていましたが、私の推測では「高おかみの神」と同時に生まれた「闇おかみの神」です。

『あなた(方)は(エネルギーを)受け取った。しかしそれは特定の物事を成し遂げる為にあらず。その働きはより広き心にて諸事を受け止めることであり、(その変化は)流れのままにて実現するだろう』

上賀茂神社夕焼け

一番最後に巡回した神賀茂神社参道から見た夕焼けです。長編映画のラストシーンのように感じました。映画館なら「The end」の表示の後、スクリーンにテロップが流れてと言う場面です。

映画のエンディングも一応おしまいはおしまいなんだけど、何かその後に余韻を残すじゃないですか。エンディングの後も物語が続くような・・・。京都ツアーに参加したみなさんの旅も再びここから始まっていくのだなと思いました。合掌



今・この瞬間を受け入れる事で新しいスタートに繋げよう

一番大切なのは「今・この瞬間」なのだと思います。なぜかというと、私たちが唯一体感して認識できるのが「今・この瞬間」だからです。そして「今・この瞬間」がこれから先の未来を作っていくからです。

京都ツアーの時「気脈診では今と未来についてが主になっていて、過去についてをあまり診ないですね。どうしてなんです?」と尋ねられました。「あ、ホントだ」とその時思いました。特に最近はその傾向が強いようです。とっても大切なはずの過去を軽視してしまっていたのだろうか。

傷ついた過去があった為、今に影響を与えている場合もあるでしょう。今世では未完の過去を一つずつ完了していくという古くからの考え方も存在します。過去を振り返り心の中、または深い意識の奥に仕舞い込んでいた心の傷を癒す治療法も存在します。2年前の気脈診のワークショップの中では「幼い頃の自分を癒す瞑想」というワークも行いました。決して過去を軽視しているわけではありません。

「今・この瞬間」というのはすべての過去が凝縮され実現した唯一の結果です。「今・この瞬間」を何もかも全て受け入れることが出来たなら、全ての過去を受け入れたことと同じ。「今・この瞬間」がキラキラ輝いたなら全ての過去だって輝くのです。

過去は大切です。ただし、考えようによっては「今・この瞬間」を実現した時点で過去の過去としての役目はすでに終わったとも言える。いくら大切な過去だと言っても、過ぎ去った過去を再び実現させたり体験することはもうできません。、今、私たちが認識する過去は記憶の中の過去であり、情報データとしての過去だとも言えるのです。

数え切れない回数の転生の体験をし赤ん坊として新たにこの世に生まれる時、過去世での記憶はフォーマットされる。全ての過去世記憶を持って産まれたかったですか?慈悲深いお姫さまだった時もあったかもしれないが、ひどい仕打ちをして人を殺した時もあったかもしれません。産まれた時に過去世での記憶がきれいさっぱりフォーマットされるのにはきっと重要な意味があると思うのですがいかがでしょう。

バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

過信や優越欲は自分を滅ぼすだけ

人の可能性は無限ですとよくお話しします。もっと自分に対して、そして内側に秘めている潜在能力対してに自信を持って欲しいと願うからです。しかし、もしも度を越えて慢心してしまったならその限りではありません。「私こそは○○だ」「私はオマエたちとは違うのだ」といった過信や優越欲は全体からの分離宣言にも等しいのです。

気脈塾の二次会などで、若くして命を失った友の話をすることがあります。「私は絶対だ」と過信し無謀な行動に走った時、私たちの肉体は破壊される場合があります。人の可能性は無限です。しかし魂が宿る身体はどんなに鍛えたって生身であり有限だとしか言いようが無い。

「川に浮かぶ木の葉のように(力を抜いて)生きる」という有名なフレーズがあります。人生をうまく生き抜く極意だと思っています。実際に川に浮かぶ木の葉を観察すると、川の流れと共にあって自由自在だけど、迫り来る目前の障害物や岩の塊はひらりと避けて通るじゃないですか。「岩の塊など屁でもないわ。」と馬鹿にしたり「岩の塊をコントロールしてやろう。支配してやろう。」などという意図が全く無いのがわかります。しかし、怖がって逃げているわけじゃない。ただ戦わないだけなのです。



バナートップ430
人気ブログランキングに参加しています よろしくお願いします



アマゾン01
幸せを呼ぶ気脈診の発売が始まりました

気脈診とは




気脈診とは「気の脈を診る」という意味です。気は目に見えないエネルギーの総称、そして脈というのは繋がりや振動を意味します。

いつも沢山のおたよりを頂きありがとうございます。記事内容についてのご質問はブログのコメント欄をご利用下さい。

ご意見、ご感想、イベント及びセッションについてのご確認やお問い合わせはIBOK JAPAN事務局へお願いします。

気脈診対面個人セッション
最近撮影された明日香天翔の対面個人セッション風景です。

対面個人セッション

上のバナーをクリックしますとYouTubeの動画(12分)にてご覧いただけます。
記事検索
明日香天翔の公式Twitter
WS000000


最新コメント
livedoor プロフィール
■ブログランキング
ポチッとクリックしてください

 
スピリチュアルブログランキングへ
いつもありがとうございます

■IBOK JAPANメルマガ
明日香天翔がキャッチした最新の気脈診週間メッセージや重要なキーワードの情報を週末にIBOKメルマガにてお知らせすることになりました。

気脈メッセージとは、天空や大地が発信するエネルギーのバイブレーションや私たちの頭上に存在する集合意識からダイレクトに発信される波動エネルギーや、そうした情報を受け取る為に受信モードになった時に脳裏に浮かび上がった映像の意味を明日香天翔がわかりやすく言葉にしたものです。

ご購読は無料。配信をご希望の方はメールアドレスを登録するだけでOKです。
IBOKメルマガ登録ページからお申し込みください。

IBOKメルマガではウィリアム・レーネンやIBOK関連の各種情報をタイムリーにお届けしております。配信申し込みは→こちら


IBOK JAPAN ショッピングサイト
 
IBOKバナー
新・IBOK Japan公式ブログ


セッションやイベントに関するお問い合わせは IBOK JAPAN事務局までお願いします
↓    ↓
お問い合わせページ
新刊本のご案内

 
幸せを呼ぶ気脈診

アマゾン01

レーネンさんの新刊本
BLOG RANKING




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ