明日香天翔の気脈診

気は脈打ち、自らその存在を知らしめるなり

2010年02月

ペインティドグラス「未来からの伝言」 

4ten

IBOKショッピングサイトにてペインティドグラスお申し込み受付が始まりました。今回も「未来からあなたへのパーソナルメッセージ」を文章にして一緒にお届けいたします。

ペインティドグラスとはガラスに直接透明絵具で着色したエネルギーアートです。一点ずつお客様のエネルギーを読み取り個別に製作しますので、すべて図柄は違います。ステンドガラス風の図柄は室内の光に反射し独特の風合いに輝きます。お部屋の壁や玄関にそのまま吊るし飾っていただくことが出来ます。作品サイズは15×16.5cmです。

お申し込み頂いたお客さまの身体を取り巻く空間エネルギーの振動を感じ取り、未来からの伝言をペインティドグラスとして図案化します。私たちは、今に生きると同時に未来を構築しています。未来からの伝言、それは宇宙からあなたへ、そして未来のあなたから今のあなたへ向けた大切なメッセージです。

お申し込みの際には、申込者のお写真が一枚必要になります。メールに添付してお送りください。写メールでも大丈夫です。

お申し込みはIBOKショッピングサイトへ 

集合写真




ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます



梅干焼酎は美味しい♪

umebosi

写真は手作り梅干焼酎です。きれいな色になってきましたでしょ。(作り方を知りたい人は2月3日のブログを見てください) 一段と美味しくなってきましたよ。水割りにせずロックで飲んでいますと時間と共に氷が解けて味わいが変化してくるのがまた応えられない。ウチでは私以外だれもお酒を飲まないから、梅干入りの焼酎が好きな人にはぜひ一度飲ませてあげたいです。

居酒屋さんなどで焼酎を飲む時に梅干を一つ入れてもらってかき混ぜて飲む時がありますが、しょっぱすぎたり薄かったりと濃度が一定ではないのが難点。毎回梅干をグラスに入れて混ぜるのも面倒です。ぐちゃぐちゃっと混ぜた後、つぶれた梅干の皮の断片や果肉のモロモロがグラスの中に漂っていてる光景はあまり良いものではありません。手作り梅干焼酎は不純物は完全に沈殿してしまいますからグラスに注ぐと味も一定ですし透明感のあるピンク色でとってもきれいです。

最近市販の梅干には砂糖やハチミツの味を付けているのがありますが、私のような古い人間は直ちに却下のNGです。なぜなら、幼児の頃から梅干といえば100%塩味のみ。間違えて甘い梅干など食べたものなら思わず罰ゲームの気分になります。上杉謙信も梅干酒が大好きだったそうですが、きっとハチミツ梅などではなかったはず。



お気に入りの梅干焼酎ですが最大の難点は梅の味がおいしくて、ついダラダラと飲みすぎてしまうことです。一杯が二杯、二杯が三杯、三杯が四杯・・・・。止められない止まらないといえば、カルビーのかっぱえびせんに紀州の梅味というのがあるみたいですよ。昔、ドクタースランプアラレちゃんにも、梅干を食べるスッパマンという人気キャラが居ました。梅干は日本文化です。梅粥や梅茶漬け、そして梅おにぎりも美味しい。お寿司屋さんに行った時には安くて美味しい梅チソ巻きや梅納豆巻きも食べてみてください。

昨夜は梅干の果肉を炊飯前の米に混ぜ込みピンク色の梅干ご飯を作りました。炊き上がりの梅ご飯は梅干の味が米粒の中心まで染み込んでいて美味しいです。ごはんに塩味があるのでおかずは何もいりません。今日は残った梅ご飯にかつお節を混ぜ込みフライパンで炒め、和風梅オムライスを作ります。具は他に何も入れず梅ご飯とかつお節だけです。2度ほど食べたことがありますがなかなかいけますよ。梅干焼酎の出現がきっかけとなり梅干の美味しさを見直し消費量が激増しました。今年はいつもより沢山漬けることにします。

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

 



自分が出す結論が大切

気脈診の対面セッションの時にクライアントさんに対し「あなたに起こる直観や閃きに従って下さい。」と申し上げることがあります。出来ればそうあって欲しいといった少しお節介な願いが入っています。無色透明に表現するなら「直観や閃きに従ってみてはいかがでしょうか。」という提案なのです。ここでもし直観や閃きには従いたくない場合はそうなさることが大切。全ての決定に対しては自分の意志が優先されなければなりません。

直観や閃きとは思考の影響を受けずに突如自分に起こった気付きや知恵のことです。思考を関与させたものではない為、過去の経験との照らし合わせや目先の損得の計算や、知らず知らずに埋め込まれた既存概念の影響をほとんど受けていないのが特徴です。

例えばある日「ぐずぐずしている時ではない。今すぐ行動に移さきゃ。」と閃いたとしましょう。でもどうしても一歩前へ踏み出す決心がつかない。現状からは抜け出したいのは山々だが、うまく行くかどうかが心配だし、もし失敗でもしたなら簡単には立ち上がれそうにない。周りから何を言われるかも心配だなどとしきりに頭は考えるのです。「あえてリスクを犯すより、ここは動かないでじっとしているほうが安全なのではないだろうか。何もしなけりゃ失敗も起こらない訳だし・・・。」と心はざわめきます。

散々時間をかけて考え抜いた末に最終的に「何もしないでおこう。」という結論に至ることがあります。これは思考による決定です。どちらの選択が正しいのか間違いなのかという答えは存在しません。あえて言うなら最後に自分が決定した答えが正解になります。人は自らの意志に従いサイを投げ、結果に至るプロセスを体験することにより自分に必要な体験を得るのです。

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

 

筆跡鑑定のウラワザ

筆跡鑑定とは書かれた文字の形や角度などを調べて、その文字を書いた人の性格などを調べるものです。また、裁判で手紙や遺書などに書かれた文字が本当に本人のものかどうかを調べる為の証拠として筆跡鑑定が用いられることもあるそうです。

気脈診でも、筆跡鑑定のようなものを行うことがあります。筆跡鑑定のようなものと表現したのは、冒頭に書きました一般に知られている筆跡鑑定とは技法や内容が異なるからです。気脈診では文字の形や角度などを見るのではなく、文字から浮き上がるエネルギーを調べます。また例えば「最近知り合った太郎さんは・・・。」などという文の中の「太郎さん」という箇所から、第三者情報を引き出すといったことも行います。

最初は「太郎さん」という手書き文字だけから太郎さんについての情報を読み取りますが、何度も練習を重ねますと「太郎さん」という文字から太郎さん本人へ直接繋がることが可能となります。簡単に言いますと、インターネットで太郎さんと書かれた文字をクリックして太郎さんのページへジャンプするみたいなものです。

3月6日に大阪で開かれる「霊性をアップするワークショップ」では沢山のメニューを順番に行いますが、この「新・筆跡鑑定」の練習もその一つです。どなたかお一人に前に出てもらってホワイトボードに文字を書いていただき、その文字から感じ取れるエネルギー的な情報を全員で解読していきます。それぞれが感じたことを確認した後、答え合わせを行いますから、自分や周りの人たちがどれだけ情報を読み取れたかの確認がその場で出来ます。 

「まさか。」とか「そんなの出来るわけ無いよ。」と否定するのは簡単です。しかし挑戦する前から否定し放棄していては何も出来なくて当然。最大の障害は私たちの心の中の否定する思いです。「私にも出来るに違いない。」とぜひ意識を転換してみてください。


ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

 

大きな閃きが起こるメカニズム

自分には無理だとか、絶対に良い方法など無いと思い込んでいたことが、ある時ふとひらめきが起こり「そうか、こうすりゃいいのか。なーんだ。簡単じゃないか。」みたいに意識が摩り替わることがあります。

寝ている間に、自分のハイセルフから音のない稲妻が自分の意識に向ってバシッと、しかしとってもソフトにスパークする。この時、抽象的な何かが、シンプルな動きの中でその動作を完結するような夢を見ることもあります。いくら目を凝らして夢を見ていたとしても漠然としていて論理的に理解できません。たまたまその時突然飛び起きても、自分に何が起こったのかさっぱりわからない。「何だか不思議な夢を見ていたような気がする。」それは、根拠の無い無意味な夢だったのか・・・。

しかし、変化は確実にあなたに起こっている。無意識の中でハイセルフと顕在意識とを結ぶ目に見えない光の神経経路みたいな回線が完成しているのです。それはある特定のひらめきを伝達する為のもの。自分を信じきることによって想像を超えた流れは確実に起こります。

やがて形ある答えが自分の中に突如沸き起こる。もちろん寝ている間の出来事など全く意識には無いし、不思議な夢のことなどもうしっかりと忘れ去っています。しかし、流れに逆らわず意識を広げると、それは一斉にあなたへと流れ込む。突然ひらめいた気づきに胸は高鳴り目の前がサッと明るくなります。「そうか、そうすりゃいいのか。なーんだ。簡単じゃないか。」

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

 

 

バレンタインデー

    ハンバーグ

バレンタインデーですね。意中の彼にはちゃんとチョコを渡しましたか?すでに結婚している人も旦那さんに何か渡したりするのでしょうか。毎日顔を合わしているのに知らん顔するのも味気ないですよ。今日はちょっとの間だけでも新婚気分に戻ってハート型の目玉焼きやハンバーグなどいかがでしょう。何年経ってもハッピーバレンタイン。

  逆チョコ

娘が男友達から逆チョコなるものを貰ってきました。バレンタインデーに男性から女性へプレゼントするものだそうです。写真は貰ってきた逆チョコ。印刷の文字が逆さまになっています。ネットで調べてみますと、女性の90%がバレンタインデーに自分もチョコレートを貰いたいと思っているそうです。えーそうだったのか・・・。しかし良く考えましたね森永製菓。座布団1枚。

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

 

便利な掌センサーを活用しましょう

静かな部屋の中に居て何も聞こえないから無音だというわけじゃありません。ぼんやりしていると何も聞こえないのだけど、意識を集中し耳を澄ませば何かが聞こえてくる。台所の冷蔵庫のモーターの音、道路を走る自動車のエンジン音、木の葉が風に揺れる音、どこか遠くで吼えている犬の鳴き声など・・・。

50メートル先にある木の枝や幹がどうなっているのかはあまりよく見えません。しかし、視力8.0の人(本当に居るのですよ)が見ると枝には小鳥が止まっていて幹の樹皮が一部剥がれているといった具体的な状況がはっきり確認できるのです。

聞こえないから無音であり、見えないから無いといった理論は成り立たないのです。視力を上げるためにはメガネやコンタクトを利用するとかレーシックを受けるしかないかもしれませんが、聴力、嗅覚、味覚、触覚は鍛えれば鍛えるほど敏感になり、今までまったくわからなかったものを判別できるようになります。

何も触れないのに掌に何かエネルギーのようなもの感じるという時があります。ちょっと怪しいですか?私は気脈を受け取る時には左手の掌で感じ取るようにしています。なぜかというと、掌の感覚が細かな刺激にも敏感に反応するといった特徴があるのと、掌はハートチャクラの分身だという理由があります。

鳥が翼を広げるかのように両手を水平に伸ばすと右手、ハート、左手が水平に一直線になります。掌はハートから伸びる2本の触覚のような働きをするのではないでしょうか。優しく人の肩に触れる時、真心は相手に伝わって行く。軽く握手をしただけで心と心が通い合うことだってあるのです。

掌で感じるというのは、ハートで感じることと同等の意味を持ちます。わざわざ掌で感じることのメリットとしては、ハートで直接感じる場合よりも客観的に受信できること。もう一つは、胸で何もかも受け取ってしまうと負のエネルギー受けた時に後遺症が残るといったリスクを抱えますが、掌だとワンクッションがあり、致命傷には至らないことが挙げられます。

掌はうまく利用するととても便利なセンサーになります。いくら使っても使用料や接続料は無料ですから大いに活用したいものです。しかし、ハートと掌を結ぶラインの中のどこかで気詰まりが発生している場合は、気の循環が悪い為、なかなかうまく行かない場合があります。気詰まりの原因は様々ですが、多くの場合、自分の想念で閉ざしてしまっているのです。恐怖や自己防御、否定の思いなどが原因となっている可能性があります。

3月6日に大阪で開催される霊性をアップするワークショップでは、ハートに繋がるラインに気詰まりを起こしている方のサポートを個別に行います。エネルギーワークを併用し、出来ればその日の内によい結果を出したいと思っています。



※追伸
「ハートに繋がるラインに気詰まりを起こしている方のサポート」についてのお問い合わせをいただきましたので、もう少し詳しくご説明します。分かりにくい文章ですみませんでした。

ハートから掌へとつながる気の流れのルートが詰まるという現象は、洗面所の配水管が詰まって水が流れにくいのと似ています。当日どうしてもうまく行かない方に対しては、私がクライアントさんの手と背中部分に触れて一時的にやや強い気を流すことによって、気詰まりを緩和させる対処法を試みます。その後、ご本人が当日練習するエネルギー呼吸法を利用し、腕の気の流れをさらに円滑にします。こうしたコンビネーションがうまく行きますと、その場で気詰まりを取り除くことが可能です。

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

至れり尽くせりの副作用

親がいつまでも子を構いすぎて世話を焼き過ぎて育てると、一人では何も出来ないアカンタレになってしまうという話は何度か書きました。しかし「一人では何も出来ないアカンタレの所がまた可愛い。」などと密かに思う人もたくさん居るのも事実。そうした気持ちも分からないことはありませんが、難儀なことです。

お年寄りに対しても同じですよ。至れり尽くせりで周りが世話を焼きすぎますと、自分では積極的に動かなくなりますから筋肉や運動神経は見る見る退化し気力は衰え老化は一気に加速します。表面的には感謝されるかもしれないけど、本人の自信は喪失し周囲に依存する心は日々強くなり、いずれその内自分では何も出来なくなってしまうのです。

足腰が弱り気味のお年寄りが2階に寝ていました。階段の上り下りは危険だからと、一階に寝室を移したのですが、一週間もしないうちに平坦な道しか歩けない人になり、やがてほんの少しの段差にもつまづいて転ぶようになってしまいました。階段の上がり降りで使っていた筋肉が退化してしまったのが原因です

ある老人施設では、思い切って食堂をセルフにしたそうです。今まで食事を介護の人に部屋まで運んでもらっていたおじいちゃんやおばあちゃん達も、食堂に出向き自分で食べ物や飲み物をトレイに乗せてテーブルまで運ばなければならなくなりました。でも、そのことがきっかけで、あまり歩かなかった人が積極的に歩き出し、自分の身の回りのことが出来なかった人が、人の世話まで出来るようになったのです。入居者からは次々と感謝の声が沸きあがっているそうです。

人間やったら出来るのです。至れり尽くせりというと聞こえは良いけど、相手の出来ることまでやってしまうのでは愛ではありません。それは相手の為じゃ無くて自分の為ですもの。心配で気になって放っておけなくて思わず手を差し伸べたくなる時もちょっとストップ。時には「がんばれー。自分の力でがんばってみて。」とクールに見守ることも大切です。

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

夢に現われた知人

3年前に知人が自殺しました。とってもやり手で、事業に打ち込み一世を風靡したこともありましたが、最後は寂しく孤独な終りでした。地元では名の通った家柄だった為か、葬儀は親族のみの密葬にされ一般の人たちの参列は出来なかったそうです。

つい先ほど彼が生きている姿で夢に出てきました。表情が暗い。わずかな力で生きようとするのだけど、言葉も少なくかつての笑顔は既に無い。なんとなく投げやりな態度も感じる。そして何と、夢の中でもう一度死のうとするのです。

夢は夢にすぎません。この夢だって私の心が作り出したものです。既に思いから完全に切り離したはずの知人のことが、まだ心のどこかでくすぶっていたのでしょう。

しかし、ひょっとして夢の中に現われた知人は何かを訴えたかったのかもしれない。肉体という衣を脱ぎ捨て、思い通りに行かない苦しみのこの世から消え去ってしまいたいという願望は、肉体が果てることで本当に果たせるものなのだろうかとふと思いました。魂が肉体から離れた後も、自分という目に見えない制限や拘束から抜けられず苦しみ続けるということもあるのでは・・・。

自殺したのに、形の無い自分はまだそのまま残っていて(消え去ってしまうという)目的は達成されず、もう一度自殺しなければと考えることってあるのでしょうか。それならちょっと辛いですね。もうすぐ朝を迎えますが、パソコンのキーを打ちながら梅干焼酎を2杯飲みました。

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

素敵な未来を受け取る方法

未来とは「今」というフィルムから映し出された投影です。今を輝いて生きることが大切。それならもし今、リストラに遭って、失恋に苦しみ、体調も悪く、友達も失い、お金も無くなってどん底のガタガタ人生の真っ最中だったなら、未来は絶望でしょうか。決してそうとは限りません。今が変われば未来も変わります。

自分の周りに起こっていることや環境は、縁あって自分が引き寄せたもの。でも、それらはただ舞台の背景として学びの為に存在するだけで、私たちは何も変わりません。それらを受け入れ難く、心を閉ざし、次々と沸き起こる自分の思考や思い込みや妄想に苦しんでいるのです。

素敵な未来を受け取る為には、どんな環境であっても、純真な子供のようにキラキラと輝いている自分を取り戻し実感することです。「そんなん私には無理やわ。」と思いますか?大丈夫ですよ。その気になればきっと出来ます。誰にでも・・・。

今が変われば未来も変わります。3月6日の霊性をアップするワークショップでは、今を変えるお手伝いをします。変わると言っても、とんでもないものに変化するのではなく、何に対しても、ワクワク出来ていたピュアな感覚を取り戻すのです。

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

 

心をオープンにして気付くことから進化は始まる

ある人から面白い話を聞きました。要約しますと「瞑想しようと思ってするのは瞑想なんかじゃない。瞑想は気づきであり、それは特別のものではなくて何気ない普段の生活の中にある。すなわち、気づいて生きていることが瞑想なんだよ。」という内容でした。目を閉じて心を静かにしていく瞑想は瞑想じゃないの?って意外に思いますよね。難しい理論や理屈は分かりませんが、今日はこのことについてちょっと考察してみたいと思います。

「気付き」の反対の言葉は「気付かない」となります。私たちが生きている中で気付かないでいるということは、「気付き」を閉ざしているわけであり、遮断なんです。自分と自分以外のものが遮断されている。「周りのことなんて興味も無いし、知ったことじゃねえよ。」といった感じでしょうか。いつも何かを考えていて、自分の内側で起こっている変化についても何も気付いていないことがほとんどです。

「気付かない」というのは自分以外の周りとの遮断であり「私」という村八分を作ってしまいます。この世に存在する全てのものが分け隔てのない無限の一つであるという考え方をベースに考えますと、「気付いていること」が如何に大切であるかを思い知ります。「気付くこと」によって初めて「気付かない」という遮断の垣根を外すことになるからです。

常に気付いていることはワンネスの基本。すべてはいかされて生きていてあなたと私といった区別はありません。あなたの痛みは私の痛みであり、あなたの喜びは私の喜びなのです。もう十数年前になるでしょうか、僧侶の公方俊良氏は静かに話されました。「私たちは合掌をする時、右の手と左の手を胸の前で合わせます。右手があなたで、左手が私。あなたと私は別々のものじゃなくて一体ですよといった意味があります。」こうした伝統文化の中にもさりげなくワンネスが語られているのです。

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

ご迷惑をおかけしました

昨日は阿部敏郎さんの「いまここ塾 in 神戸」に行ってきました。道路が空いていた為、ずいぶん早めに会場に着きましたのでまだ誰も来ていないだろうと思っていたら、どこかで見覚えのある人影が・・・。

「あら! ひょっとしてアンジンさん?」「わー どうしたの?」どうしたのではありません。あなたと同じように阿部さんの話を聞きに来たのですよ。アンジンさんは龍あん寺住職。数年前に出会いがあり親しくしていただいています。

開場時間が近づき、ドアが開きました。入り口付近で場内案内をされているスタッフの女性のお顔にも見覚えが。「えー!もしや貴女は・・。」お名前は思い出せなかったのだけど、気脈診ワークショップにお越しくださったことのある方でした。「ブログみてますよ。」とお声かけくださいました。そしてもう一人、久しぶりの思いがけない女性にも出会いました。広いようで世間は狭いです。

さてそうこうしている内に時間が来て阿部敏郎さんのトークとライブショーが始まりました。会場は照明が落とされシーンとなり、阿部さんが登場し椅子に腰掛けました。ライトアップされとってもいい感じです。しかしこの時、実は少しトイレに行きたいことに気づいたのです。手遅れです。開演前に一気飲みしたウーロン茶500mlを大いに反省しました。しかしトークが始まってしまったのでもう動けない。なぜかと言うと、このホールは出入り口が正面ステージの左奥にあるのですよ。これは絶対に設計ミスです。

運悪く、私の席は前のほうのかなり右寄り。その席から立って出入り口に向かうには、阿部さんの目の前を照明や観客の視線を遮りながら水平にズカズカと横切らねばならないのです。ステージといっても舞台などではなく観客席と同じフラットなフロアの一部がそのままステージとされているだけだから、その前を歩くというのは突然舞台の上を横切るのと同じ状態です。阿部さんのステージと客席はわずか数十センチほどしか離れていない。客席はびっしり満席状態。もしそんなことしたらせっかくの雰囲気をぶち壊しです。

「大丈夫。大丈夫。たかがオシッコ。人間その気になれば辛抱できる。それにたった2時間じゃないか。」この時はまだ少し余裕がありました。それとトークが終り歌と演奏が始まる前に少しくらい休憩時間があるのではと安易に考えていました。しかし悲しいことに途中休憩はありませんでした。「これは、やばい。」大きな拍手とともにパーカッションを担当する天河の楽士の慧奏さんが登場。会場の雰囲気はさらに盛り上がり、お二人での素敵な演奏が始まりました。うう。オシッコが・・・。しかし演奏はそんなことを忘れさせるほどすばらしい。

2曲目3曲目と演奏は続きました。何が何でもライブが終わるまではトイレは辛抱しようと心に誓ったのだけど、しだいに顔は青ざめ冷や汗が・・・。恐れていたことが現実となりました。「あかん。もう限界。」ついに演奏中の阿部さんたちの前を大胆にも横切って出入り口へと大急ぎで向う羽目に。情けない・・・。せっかく楽しく聞いておられた客席のみなさんにも本当に申し訳ない思いでした。どうぞお許しください。

阿部敏郎さんのトークと歌はとっても素晴らしかったです。話が始まると、会場が暖かいエネルギーで包まれたようになってとっても心地良いのです。話しはしっかり聞いているのだけど体全体が重力を失ったようでもあり羊水に包まれたようなやすらぎと繭の中にいるような安定感が新鮮でした。きっと会場内が阿部さんの素敵なエネルギーで満ちていたのでしょう。パーカッションを担当した慧奏さんも素敵でした。抜群のリズム感とあふれる情熱。機会があればぜひまた聞いてみたい演奏でした。


※来たる2月27日(土)の12時から神戸新開地「楽の森」でアンジンさん主催の神人ライブが開催されるそうです。料金は3000円で定員は50名。私も昨日申し込みました。あと数人は入れるそうです。興味のある方は小西アンジンさんに直接メールしてください。anjin.konishi@maia.eonet.ne.jp 

神人HP http://kamihito.net/index.html
神人ライブ http://homepage2.nifty.com/kamihito/2010live2.html
小西アンジンさんHP http://anjin.info/home.html

 

ブログランキングに参加しています
矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ  
いつも応援をありがとうございます

気脈診とは


気脈診の明日香天翔です。よろしくお願いします。

気脈診とは「気の脈を診る」という意味です。気は目に見えないエネルギーの総称、そして脈というのは繋がりや振動を意味します。

私が好きなのは: 食べ物では天ぷらそば、玉子かけご飯、ラーメン、とんかつ、ウィンナーソーセージ、ペペロンチーノ。人で言うと、何でも美味しそうに食べる人、笑顔のかわいい人、小さなことに喜べる人

私が嫌いなのは: お化け、不協和音、争い、三杯酢で作った酢の物、コールスローサラダです。

イベント及びセッションについてのご確認やお問い合わせはIBOK JAPAN事務局へお願いします。

最新記事
記事検索
明日香天翔の公式Twitter
WS000000


気脈診対面個人セッション


最近撮影された明日香天翔の対面個人セッション風景です。

対面個人セッション

上のバナーをクリックしますとYouTubeの動画(12分)にてご覧いただけます。
最新コメント
Archives
■ブログランキング
ポチッとクリックしてください

 
スピリチュアルブログランキングへ
いつもありがとうございます

■IBOK JAPANメルマガ
明日香天翔がキャッチした最新の気脈診週間メッセージや重要なキーワードの情報を週末にIBOKメルマガにてお知らせすることになりました。

ご購読は無料。配信をご希望の方はメールアドレスを登録するだけでOKです。
IBOKメルマガ登録ページからお申し込みください。

IBOKメルマガではウィリアム・レーネンやIBOK関連の各種情報をタイムリーにお届けしております。配信申し込みは→こちら


IBOK JAPAN ショッピングサイト
 
IBOKバナー
新・IBOK Japan公式ブログ


セッションやイベントに関するお問い合わせは IBOK JAPAN事務局までお願いします
↓    ↓
お問い合わせページ

気脈メッセージとは、天空や大地が発信するエネルギーのバイブレーションや私たちの頭上に存在する集合意識からダイレクトに発信される波動エネルギーや、そうした情報を受け取る為に受信モードになった時に脳裏に浮かび上がった映像の意味を明日香天翔がわかりやすく言葉にしたものです。

今朝の気脈メッセージは形の上ではその日の朝から24時間にスポットライトを当てて受け取ることの出来たメッセージです。

その日のメッセージはその日一日の為のものだという前提にしておりましたが、公開日より数日経ってから初めてメッセージを読んだ方にもぴったり当てはまったという事例が幾度となく起こっております。

ということで、今朝の気脈メッセージは、明日香天翔が今朝キャッチした最新メッセージであるという風にご理解下さい。もしメッセージの内容が読まれた方のハートに届いた場合は公開日に関係なく参考にしていただければ幸いです
新刊本のご案内

 
幸せを呼ぶ気脈診

アマゾン01

レーネンさんの新刊本
BLOG RANKING




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ