明日香天翔の気脈診

気は脈打ち、自らその存在を知らしめるなり

お母さんは魔法使い

わが子が、柱の角に頭や足をぶつけて痛がって泣いている時、多くのお母さんは「よしよし 痛かったね。」と側へ駆け寄り、ぶつけた頭や足の部分をやさしく撫ぜながら「痛いの痛いの 飛んでけ〜。」ってやりますよね。効果てきめん。痛みは激減し、すぐに泣き止む子も居ます。お子さんにお母さんの優しさがしみじみと染み渡る瞬間です。

しかしそうした行為で痛みが無くなるという科学的な根拠はありません。心理効果であるとが、患部周辺を撫ぜるといった皮膚刺激により、痛みの感覚が分散し、痛みが薄らいだように錯覚するといった説明も成り立ちそうですが、そう言い切ってしまうとどうも味気ないです。お母さんの愛のエネルギーがヒーリングエネルギーに転換され、お子さんの身体に働きかけ、科学では説明のつかない治癒効果が表れたのだと信じたいですね。

お母さんが、子供のために愛情を込めて作った手作りおにぎりを食べると、子供の免疫力が向上するという話を聞いたことがあります。これは医療機器を使って検証されたみたいですから本当だと思いますよ。面倒くさいと思って買い与えたコンビニおにぎりではダメなのです。子供を思いやる母の愛の思いが手からおにぎりに染み込むのでしょう。エネルギー的には十分可能だと考えられます。

誰もが知る有名な先生が講演会のビデオの中で「憎たらしい亭主を早死にさせるのなんて簡単ですよ。」という話しをしておられました。会場の皆さんは真剣に聞き入っていました。旦那さんのことを頭に浮かべ、このヤロー 早く死にやがれと憎しみを込めて作った料理を毎日食べさせればよいといった内容でした。

あなたもそうしなさいといった勧めをされているのではなく、心に描く波動は食事にも転写され相手に影響を及ぼすのだと言う説明の一例を話されたのだと思います。人は必ず正のエネルギーも負のエネルギーも両方発信して生きています。そしてそのエネルギーは少なからず相手に影響を与えているようです。

「よし いいこと聞いた。」とばかりに、絶対に悪用しないでくださいね。いつも言っていますように、自分が放出したエネルギーは、時間差を伴い必ず自分に戻ってきます。もしも人を害する思いを発信したなら、必ず回りまわって自分を害するエネルギーを他から受け取ることになります。自分の旦那さんに「このヤロー 早く死にやがれ。」などと思いながら呪いの食事を作って幸せになれるはずがない。憎たらしい相手から攻撃を受けた場合も同様です。仕返しだと思って反撃するエネルギーだって、いずれ必ず自分に返ってくるのです。賢明なあなたが先に心の中で「もうおしまいにしよう。」とキッパリ終了宣言をして、負の連鎖を断ち切ってください。



矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
  ありがとうございます  
    ありがとうございます


ユーカリの木(完成しました)

CIMG2030

ストゥーパ (stupa) の原型が完成しました。紀元前2000年前後に栄えたインダス文明の頃のイメージで作りましたので、紀元後に製作された現存の仏塔と呼ばれているものとは用途や形状が少し違います。ストゥーパは後に中国や日本などに伝わり五重塔などの木造建築のデザインとして応用されました。

辞書で調べますと「ストゥーパは、仏教の開祖である釈迦が荼毘に付された際、残った仏舎利の塚である。」という風に書かれています。私はお釈迦様よりもっともっと古い時代からあったように判断しています。なぜなら、お釈迦様が生まれたのは、今回作ったストゥーパがあった頃からまだ2000年以上先のことだからです。

元々の用途は仏塔ではなく、祭壇用の神具として穀物や木の実などを飾って神へお供えしました。その後、用途は広がりし、一部は宝石や貴金属を飾ってお祈りなどに使用した可能性があります。写真は、当時の雰囲気をわかりやすくするため石を乗せています。大きな地殻変動と洪水が起こり多くの文化遺産は失われましたが、その中の一部がインドに渡り、引き継がれたようです。


矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
  ありがとうございます  
    ありがとうございます

なぜ生まれたの?

昨日、人は人生に絶望した時、人生に行き詰った時、人生の苦しみにあえぐ時、「私は何のために生まれたのだろう?」と考えるのだという内容のコラムを読みました。100%そうだとは断言できないでしょうけど、心当たりがあります。

もう随分昔の話になりますが、私は人生に行き詰まって、目の前が何も見えなくなっていた時に、神道系能力者のFさんと出会いました。この時、心の中に大きく占めていた思いがまさに「私は何のために生まれたのだろう?」だったのです。夢と希望を持って完全燃焼していたなら、きっとそこまで考えなかったでしょう。

私はFさんに尋ねました。「私のお役目って一体何なのでしょう?」今思うと、思い上がった質問でした。しかし、その時はただひたすらその答えが知りたかった。それは自分には何か特別の役目があることを心のどこかで願うエゴだったと思います。恥ずかしい限りです。

Fさんは八大龍王水神の神様に祈り、神様から受け取った答えを自動書記でB4のコピー用紙にサラサラと書いてくださいました。生涯忘れることの出来ない懐かしい思い出です。



矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
  ありがとうございます  
    ありがとうございます


安易に見過ごしていませんか

私たちは普段、何気なくお気に入りのバッグを持ち買い物などに出かけ、帰宅し、無意識のままバッグを手から離します。バッグに手が触れた瞬間の手の感覚、持ち歩く時の振動と共に伝わる手や指の感覚、バッグを手から離すときの微妙な感覚などに終始しっかりと気付いている人はまず居ません。そんなのどうでもよいと思っているし、無関心なのです。そんなしょうむないことより、他の大切な事で頭は一杯。バックの手触りだけでなく、通常の慣れ親しんだすべての感覚に対しては無意識であることがほとんどです。

しかし、強い刺激には一気に反応します。スーパーで沢山買い物をしてビニール袋で持ち帰る時。ビニール袋の手で持つところが、やけに細くなって手や指にギリギリと食い込む痛さと重さについては、はっきりと感じていますし「一刻も早くこのビニール袋を手から離したい。」という切実な思いと共にしっかりその感覚についても覚えています。

「そういえば、最近やたら強い刺激を求めるようになったなぁ。」などと思った人は居ませんか?初めての感覚に対してはしばらくは意識的に対応できますが、慣れてしまうと無意識となり、あまり実感できず楽しめないことが多い。強い刺激を感じる時に初めて意識的になれるからです。

気脈診のワークショップでは、そうした姿勢とは逆に、普段無意識でやりすごしてしまう微細な感覚に改めて気付くという練習をします。「そんなの退屈で馬鹿らしいよ。」と思う方もおられます。しかし、普段無意識でやりすごしてしまう何気ない感覚に対し、心を静め真剣に集中してみると、意外にその内容は濃く、奥深いことに気付くのです。ここでは理論や知識は意味を持ちません。そのとっても単純な発見こそが、最も重要なのです。

長い間求めていた答えや大切な気付きは、はるか彼方の宇宙の果てにあるのではなく、今まで私たちが見逃していた何気ない感覚の中にあります。私たちを閉ざしていた重く頑丈な扉の鍵穴に、一筋の光がキラリと差し込むその瞬間、不可能が可能となるのです。



矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
  ありがとうございます  
    ありがとうございます

ユーカリの木(途中経過)

製作中のユーカリの木のペイントの下塗りがだいたい終りましたので、完成を待ちきれず、どんな感じになるのか、ゴルフボール状の天然石を3つの空洞にセットして写真を撮りました。完成まであと一息。手から外したブレスレットとか指輪などを置く整理棚としても使えそうです。

CIMG2006
  
   画像をクリックしますともう少し大き目のサイズの写真が開きます。





矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
  ありがとうございます  
    ありがとうございます

人は自分の失敗から学び成長する

わが子が何かをしようとしているのを見て「失敗するから止めなさい。」と注意することがあります。失敗は避けるべきであり、失敗しないように振舞うことが正しいという考え方を示すものです。子供に余程の危険が迫っている時には止むを得ませんが、そうじゃなければ、放っておけばよいのです。放っておくのは、決してどうでもよいと思っているからじゃない。「さぞかし痛かっただろう。辛かっただろう。涙を拭いて乗り越えてね。」と、ただ黙って心の中で手を合わせ見守ることが愛の姿だと思います。子供は自分の失敗の中から学びます。失敗して痛い思いをした体験が大切な知恵になるのです。

友人や愛する人がこのまま行くと十中八九失敗するのが前もってわかることがあります。黙っているのも胸が痛みますから「大丈夫?」と声かけするのはよろしいでしょう。しかし、失敗するから止めろとばかりに力ずくで相手の行動を阻止するのは考え物です。余計なお世話の場合があります。友人や愛する人の魂が、自ら失敗を体験して痛い目を見て、そこで初めて身を持って何か大切なことに気付くことを望んでいる可能性があるからです。



矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
  ありがとうございます  
    ありがとうございます

出会い

初めての出会い。「初めまして。」と挨拶をし、ぼんやりと相手の振動を感じてみる。「あれ?初めましてじゃないかも・・・。」と強く思う時が時々あります。過去に出会ったというのではなく、きっと過去世で出会っているのでしょう。身体のどこかの細胞にキュンとした刺激が起こります。「何年前のことなのだろう。400年前?それとも1000年以上前だったかな?」いくらがんばっても頭では思い出せません。しかし血液が微妙に振動し、細胞が反応するのです。

東京で開かれたワークショップでも初めて出会う方が多い中、何人かの方とは「初めましてじゃなさそうだ。」と感じました。科学的な根拠は何一つありませんが、心の奥底でそう感じるのです。ご縁があって今世で再び会うことが出来ためぐり合わせの不思議に、この世に偶然なんて一つも存在しないのではと考えてしまいます。

皆さんも経験がありませんか?ある日、初めて会ったのに、古い昔からの友達同士のように意気投合して話し込んでしまう人との出会い。たまたま気が合っただけの人だったかもしれませんが、弾むような魂の振動を感じたなら過去世でご縁のあった人だったかもしれませんよ。しかし、頭でいくら考えても思い出せない。人との出会いは不思議です。その時、その瞬間を大切にしたいものです。神様の采配に感謝です。


矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
  ありがとうございます  
    ありがとうございます

気脈診とは


気脈診の明日香天翔です。よろしくお願いします。

気脈診とは「気の脈を診る」という意味です。気は目に見えないエネルギーの総称、そして脈というのは繋がりや振動を意味します。

私が好きなのは: 食べ物では天ぷらそば、ラーメン、とんかつ、。人で言うと、何でも美味しそうに食べる人、笑顔のかわいい人、小さなことに喜べる人

私が嫌いなのは: お化け、不協和音、争い、三杯酢で作った酢の物、コールスローサラダです。

イベント及びセッションについてのご確認やお問い合わせはIBOK JAPAN事務局へお願いします。

記事検索
明日香天翔の公式Twitter
WS000000


気脈診対面個人セッション


最近撮影された明日香天翔の対面個人セッション風景です。

対面個人セッション

上のバナーをクリックしますとYouTubeの動画(12分)にてご覧いただけます。
最新コメント
Archives
livedoor プロフィール

☆asuka

■ブログランキング
ポチッとクリックしてください

 
スピリチュアルブログランキングへ
いつもありがとうございます

■IBOK JAPANメルマガ
明日香天翔がキャッチした最新の気脈診週間メッセージや重要なキーワードの情報を週末にIBOKメルマガにてお知らせすることになりました。

ご購読は無料。配信をご希望の方はメールアドレスを登録するだけでOKです。
IBOKメルマガ登録ページからお申し込みください。

IBOKメルマガではウィリアム・レーネンやIBOK関連の各種情報をタイムリーにお届けしております。配信申し込みは→こちら


IBOK JAPAN ショッピングサイト
 
IBOKバナー
新・IBOK Japan公式ブログ


セッションやイベントに関するお問い合わせは IBOK JAPAN事務局までお願いします
↓    ↓
お問い合わせページ

気脈メッセージとは、天空や大地が発信するエネルギーのバイブレーションや私たちの頭上に存在する集合意識からダイレクトに発信される波動エネルギーや、そうした情報を受け取る為に受信モードになった時に脳裏に浮かび上がった映像の意味を明日香天翔がわかりやすく言葉にしたものです。

今朝の気脈メッセージは形の上ではその日の朝から24時間にスポットライトを当てて受け取ることの出来たメッセージです。

その日のメッセージはその日一日の為のものだという前提にしておりましたが、公開日より数日経ってから初めてメッセージを読んだ方にもぴったり当てはまったという事例が幾度となく起こっております。

ということで、今朝の気脈メッセージは、明日香天翔が今朝キャッチした最新メッセージであるという風にご理解下さい。もしメッセージの内容が読まれた方のハートに届いた場合は公開日に関係なく参考にしていただければ幸いです
新刊本のご案内

 
幸せを呼ぶ気脈診

アマゾン01

レーネンさんの新刊本
BLOG RANKING




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ