明日香天翔の気脈診

気は脈打ち、自らその存在を知らしめるなり

ひらめき・第六感はハイセルフからのお知らせメール

電話が鳴りそうな気がした直後に呼び出し音が鳴ったとか、かけて来た相手が誰なのかをなぜか最初から知っていたなんて経験はありますか?また、何気ない現象から不思議な気配を感じる時もあります。「あ、きっと・・・で・・・・が起こったんだ。」みたいな。そして確認してみるとピッタリと当たっている。頭で論理的に導き出したのでではなく、いきなりポンと飛び込んでくるといった瞬間に起こる気づきや発見。なぜそうした現象が起こるのかはわかりませんが、これららはひらめきとか第六感と呼ばれる現象だと考えられます。これらが過去の記憶とすり合わせを起こした脳の作用だとか、単なる思い込みとか妄想だったと言う場合もあるでしょう。でも全てがそうとは限りません。

私は、人それぞれに備わっているハイセルフという霊的な領域がエネルギー情報を感知して、頭の受信機アンテナに自動送信して来る臨時お知らせメールみたいな仕組みがあると考えています。このハイセルフという領域にエネルギーコードというオンラインで繋がって、膨大な基本データやバッテリーエネルギーを送信しているのが潜在意識。

既存の書物を調べたところ、潜在意識は、上述のハイセルフに対してローセルフと表現される場合もあります。しかし厄介なことに、このオンラインが人が作り出す固定観念や罪意識などによって頻繁に切断されるらしい。そうなると切断エラーが表示され、ハイセルフのCPUや自動プログラムは孤立してしまい、せっかくの機能を発揮しません。

ハイセルフから無線送信されてくるのが臨時お知らせメール(ひらめきとか第六感)ですが、さび付いた感度の悪い受信機では、うまく受信できないのです。人間の頭は携帯電話みたいに機種変更出来ないので、受信アンテナ部分をきれいに磨いて感度を上げるしか道はありません。たまたま、ハイセルフが機嫌よく送信してきたお知らせメールをタイムリーにうまく受信できた時に、私たちはその情報をひらめきとか第六感として認識するのでしょう。

気脈診のワークショップで行う五感で感じ取りインプットするというワークがデータエネルギーの収集作業であり、そのデータを元に答えを導き出すというのが、ハイセルフから受け取ったお知らせメールを読んでその内容を認識するといった働きに他なりません。ワークショップではこうした一連の流れが潤滑に進む為のコツについてお伝えしています。




矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
いつも応援をありがとうございます

 

スイッチ切り替え型の生き方

注意して自分の心の中を観察していますと、何かのきっかけで感情が沸き起こり、その感情が次第に大きく膨れ上がっていくことに気づきます。毎度のパターンです。「お!また来たな。感情ウエーブ。」と観察できていたなら上出来。多くの場合はその感情に飲み込まれ一体化し、やがて全身が感情そのものになってしまいます。その時には、客観的に自分の心の動きを観察していたことさえもすっかり忘れ去っています。

ワークショップでは、ゆっくりとした腹式呼吸を繰り返しながら心の中に湧き上がる感情を外していく練習をします。心の中の感情が霧が晴れるように消えていく様を最後まで見届けることが出来ればしめたもの。波打つことのない水面には、正しく物の姿が映ることになります。

昔、あるイベントの二次会の席で一人の女性から相談を受けました。「感情を外すって、ネガティブなものだけではなく、嬉しいとか楽しいという快適な感情も外すわけでしょ? 私、楽しく愉快に生きたいので、それはちょっと困ります。」当時は若かったので、お坊さんみたいな堅苦しい答えを選んで対応をしましたが、今は考え方が変わりました。その女性も私も一般庶民。焼肉も食べるしお酒も飲むわけで、歯を食いしばって悟りを求める坊さんの出家コースを歩んでいるわけではないのです。

そこで、考えを改めお勧めしているのは、スイッチ切り替え型です。ここ一番いざという時には、すべての感情を外し冷静に振舞える自分。しかし一旦スイッチオフにした時には、喜怒哀楽何でもOKの下町人生的生き方の両立です。これなら気分も楽だし、無理なくチャレンジできます。連日こうしなくちゃとかこう生きなければといった過度なストレスの中に生きていますと、簡単には解放できないエネルギーが体内に溜まります。呼吸法やエネルギーワークで解放する手もありますが、気の合う仲間と集まって無礼講の大騒ぎ言いたい放題もすっきりするものです。時には制限、時には開放。桂枝雀の口癖だった緊張と緩和です。固定した決め付けにとらわれる事無く楽しくやりましょう。

矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
いつも応援をありがとうございます

 

1日2分で生き方が変わる

胸の感覚センサーを広げて、その領域内にある全てのエネルギーの状況をサーモグラフィーのように感じ取ることの出来る三重県のKさんのお話は過去に何度か書きました。Kさんが意識を合わせると、人の身体の内部もレントゲンのように透けて見えるかのようでした。

お話をお聞きしたところ、最初からそうだったわけはなく、練習によってそうなられたみたいです。Kさんの一番敏感なのが胸センサーだったということで、繰り返すうちにその感覚が磨かれ開花したのでしょう。

Kさんまでは行かなくても、私たちにだって胸の感覚を利用することは出来ます。今の自分の胸の感覚が普段と比較して軽いか重いかを感じてみる。または快適か不快かを感じてみるといった単純な確認を行うのです。最初はすぐにはっきりと分からないかもしれませんが慣れると、瞬間に分かります。「今朝の胸の感覚は軽さ70% 快適度は上々かな。」みたいな感じで捉えることが出来たならしめたもの、後はこの感覚を日常生活に活かし応用することが出来ます。

毎朝、静かに呼吸をしながら自分の胸の感覚に注目してみます。軽く快適な感覚、重苦しく不快な感覚など日によって異なります。そこで、その日一日はどんな一日になるのかを簡単に予測してみます。そしてその日一日の出来事と心の動きを観察し、夜、答えあわせをしてみるのです。

「毎日忙しいのに、そんなの無理だよ。」と思ったでしょ。目覚めた後から登校や出勤までの1分間、そしてお風呂に浸かっているときやベッドに横になって寝る前の1分の合計2分でOK。たった2分のことですから、その気になればなんのことはありません。毎日繰り返しますと驚きの事実に気づきますよ。ここで何もかも答えを書いてしまうと楽しくないので伏せておきますね。

この気付きをどう利用すると良いのかは、きっとご自分で答えが出るはずです。ワークショップではさらに一歩進んで、どういう風に発展応用させていくとよいのかを実例をあげて皆さんと一緒に検証して行きます。

矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
いつも応援をありがとうございます

霊性をアップさせるワークショップ大阪の開催が決まりました

11月に東京で開催しました「霊性をアップさせるワークショップ」が、さらに内容を充実させ、来春の3月6日に大阪で開催されることになりました。

霊性アップ

霊性をアップするワークショップでは「人は元々、スピリチュアルな存在だ。」という考え方がベースになっています。私たちには生まれた時からとっても便利な能力や機能が沢山備わっているのだから、便利に使って、おおいに人生に役立てましょうというのがワークを通してのご提案です。

ワークの内容があらかじめすべて全て決まっているのではなく、参加者のみなさまから受け取ったエネルギーを大切にし、台本の無いドラマのように進めて行きます。お伝えできる材料は無数にありますから、思わぬ展開へと進んでいく可能性があります。その一部をご紹介しましょう。

☆スピリチュアルについて

☆人に備わる無限の可能性について

☆外の世界を見て自分の内側を知る方法

☆愛せない愛されないのはなぜ?
 
☆体調不良は自分で治す
 呼吸とイメージ力で奇跡を起こそう

☆夢が実現しないのはどうして?
 夢を実現する方法とは

☆自己浄化法 人ごみの中での応用編

☆気になる目の前の相手から本心を見抜く方法
 会場で実際に体験ロールプレーイングも行います

☆愛に満ち、愛を送り、愛を受け取るボディーワーク

☆過去に遡り、小さい頃の自分を癒すワーク

今回も、参加者の皆様からのリクエストの受け付けをさせていただきます。ワークショップで聞いてみたいテーマや、実際に身体を使って体験してみたいワークがありましたならお申し出ください。当日のワークにて出来る限りお応えするように致します。リクエストはお問い合わせページからお送りください。

 

 

スターピープル2009年冬版Vol.31

31

スターピープル最新刊2009年冬版31号(StaePeople for ascension 2009 Winter Vol.31)に明日香天翔インタビューの記事を載せてくださいました。(P58〜59) 一部の書店ではすでに昨日から発売されているようです。

今回の特集は「NO MINDで生きる・無我的生き方のススメ」ざっと目を通したのですが、このテーマに沿った数多くの素敵な方々の記事やコラムが沢山載っていて、ぜひ楽しく読ませていただきます。

「NO MINDで生きる」というのは私の常々理想とする生き方です。この考え方はきっと生涯変わらないと思います。縁あってこのテーマの号の片隅に掲載いただけたことに心から感謝し、これからも身を引き締めてがんばりたいと思っております。ありがとうございました。

矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
いつも応援をありがとうございます

 

仏様に花を飾らないとバチが当たるのはなぜ?

もう20年近く前になるでしょうか、蒼竜寺住職の公方俊良さんから直接お話を聞く機会がありました。その席上で「法事の時には仏壇の前に花を飾りますが、この世を後にした仏様のために飾るのではない。その場に居る人のために飾っているのです。」と断言されたのを覚えています。簡単に言いますと、仏壇付近に花を飾り思いを馳せるのは人間の勝手。この世を後にした仏様は(進化されたのだから)花は必要ないし、うれしくもなんとも無いのだということです。

「えー! 仏壇にはちゃんと花を飾ってお祈りしなきゃ、バチがあたるよ。」と思う人もいらしゃるでしょう。そして本当に良からぬことが起こる場合があります。花を飾らなかったと言う理由で罰が下る。一体誰が罰するのでしょう。亡くなった人(仏様)?ご先祖様?それとも神様?「えーい この不届き者め。成敗してくれるわ。」なんてことが起こったのでしょうか。違います。罰を下したのは他でもない自分自身です。

「私はすべきことを怠った。」という思いは罪意識となって潜在意識に蓄積される。ここで罪を犯した人間は罰を受けなければならない言う観念が無意識の中から発動し、そのエネルギーが自らを罰する出来事(アクシデントや怪我や体調不良など)を現実体験として引き起こすのだと想定します。

来年2月に東京で開催される気脈診ワークショップでは、人の心の奥に刻み込まれている感情エネルギーにスポットを当てて読み取るといった新しいメニューを用意しております。簡単な解読のコツを学んだ後、実際に目の前のモデルさんのエネルギーを読み取るロールプレーイングを体験して頂きます。また、それらのエネルギーに対してどう対応して行けばよいのかといった対処法についても考察してみたいと考えています。

矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
いつも応援をありがとうございます

 

真っ暗な状態から一歩踏み出すには

感情に支配されている時は、大きな感情エネルギーの渦の中心に自分が居て簡単には抜け出せない状態です。強い衝動が沸き起こり、自分で自分をコントロールすることさえも困難になります。これに対し、感情を冷静に客観視出来ている時というのは、自分の掌の上に乗っている野球のボールくらいの大きさの感情エネルギーを表情も変えずに眺めている感じでしょうか。心に余裕があるのです。うまくいけば感情がそのままスーっと消えていくのを確認することもできます。この両者の差は想像以上に大きいと考えます。

「感情に支配されない為にはどうしたらよいの?」と思うわけですが、お釈迦様は多くの人々に「常に自分に気付いていることです。」と語られました。こういうお話をすると「アホか。そんなことでうまくいくのだったら苦労しないよ。」と思う人も多いはずです。でも、こうした体験に基づいた教えは、何千年もの間、人々に支持され受け継がれてきたものですから、すぐには理解できなくても、必ずや奥深く大切な意味が隠されているのです。石頭みたいなこと言ってないで、便利に利用したらよいのではないでしょうか。

無明(むみょう)という言葉をよく耳にします。辞書で調べますと、「迷いのこと。また真理に暗いこと、智慧の光に照らされていない状態。」と書かれています。簡単に言うと、真実が見えない暗闇の状態に居ることなのだと思います。その状態から脱する為に「常に自分に気付いている」という要素が外せないわけです。

気脈診のワークショップの中でも、心を静めて「自分に気付く」「自分を見る」という練習を繰り返し行います。それにより、無明の暗闇から一歩踏み出すのが目的です。目がくらむような明るい光の世界へ一気にワープしましょうなどという大それた思いはありません。一歩踏み出すだけです。しかしそれは大きな一歩だと考えます。暗闇から一歩踏み出すとそこは薄明かり。薄明かりの中で見えてくるものが必ずあるのですよ。

矢印下 矢印下
人気ブログランキングへ    
いつも応援をありがとうございます

 

気脈診とは


気脈診の明日香天翔です。よろしくお願いします。

気脈診とは「気の脈を診る」という意味です。気は目に見えないエネルギーの総称、そして脈というのは繋がりや振動を意味します。

私が好きなのは: 食べ物では天ぷらそば、ラーメン、とんかつ、。人で言うと、何でも美味しそうに食べる人、笑顔のかわいい人、小さなことに喜べる人

私が嫌いなのは: お化け、不協和音、争い、三杯酢で作った酢の物、コールスローサラダです。

イベント及びセッションについてのご確認やお問い合わせはIBOK JAPAN事務局へお願いします。

最新記事
記事検索
明日香天翔の公式Twitter
WS000000


気脈診対面個人セッション


最近撮影された明日香天翔の対面個人セッション風景です。

対面個人セッション

上のバナーをクリックしますとYouTubeの動画(12分)にてご覧いただけます。
最新コメント
livedoor プロフィール

☆asuka

■ブログランキング
ポチッとクリックしてください

 
スピリチュアルブログランキングへ
いつもありがとうございます

■IBOK JAPANメルマガ
明日香天翔がキャッチした最新の気脈診週間メッセージや重要なキーワードの情報を週末にIBOKメルマガにてお知らせすることになりました。

気脈メッセージとは、天空や大地が発信するエネルギーのバイブレーションや私たちの頭上に存在する集合意識からダイレクトに発信される波動エネルギーや、そうした情報を受け取る為に受信モードになった時に脳裏に浮かび上がった映像の意味を明日香天翔がわかりやすく言葉にしたものです。

ご購読は無料。配信をご希望の方はメールアドレスを登録するだけでOKです。
IBOKメルマガ登録ページからお申し込みください。

IBOKメルマガではウィリアム・レーネンやIBOK関連の各種情報をタイムリーにお届けしております。配信申し込みは→こちら


IBOK JAPAN ショッピングサイト
 
IBOKバナー
新・IBOK Japan公式ブログ


セッションやイベントに関するお問い合わせは IBOK JAPAN事務局までお願いします
↓    ↓
お問い合わせページ
新刊本のご案内

 
幸せを呼ぶ気脈診

アマゾン01

レーネンさんの新刊本
BLOG RANKING




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ