明日香天翔の気脈診

気は脈打ち、自らその存在を知らしめるなり

同じ場所に留まっている限り、いつまで経っても本当の自分の姿は見えないのです

グラスに注がれたドリンクを細長いスプーンで混ぜようとしている人の手の部分が見えます。スプーンのヘッドがグラスの底を一周回るか回り切らない内に手に持っていたはずのスプーンがスーッと霧のように消え去り、気がつくとグラスの外側に移動していてフワフワと空中に浮かんでいるのです。

この光景が語っているのは同じ場所に留まっている限り本当の自分の姿は見えないのだという事実と、囲いの外側に飛び出し外側から客観視することで初めてリアルな自分の姿と今まで探し求めて来た答えを知ることになるというメッセージです。

現状のままただぼんやりと自分を見つめるだけでは何も起こりません。今すぐ立ちあがりあなたの立ち位置を移動させ2点のポイントから自分を眺める必要があります。

一つ目は今までの自分の枠を飛び越え全力でチャレンジしてみる、そしてその離れたポイントからチャレンジ前の自分を見つめてみましょう。

もう一つは新しい価値観に目を向け古い思考パターンの枠から飛び出すこと、そしてその新しくシフトしたポイントから古い思考パターンの中にいた自分を振り返って見つめてみましょう。

そうすることで一つ前の自分の姿がリアルに客観視出来るだけでなく、どうしても今まで気付くことの出来なかった大切な答えにめぐり合うことでしょう。

今自分がどうすべきかを見つめ直してみたい方は、明日から東京で開催される「明日香天翔と角田みゆきのサイキック&ヒーリングコラボセッション」にお越しください。今のままでいいことと改めるべきことが明確になりますから目の前に広がる視界が一気に明るくなります。

今朝の気脈メッセージは「勇み立つ兵を休ませ知略に重きを置くべし」です

今朝の気脈メッセージは「勇み立つ兵を休ませ知略に重きを置くべし」です。

知略とは知恵を働かせた策のことですが、このフレーズでは勝利するための計画や計略といった意味合いが強いようです。

もしも言葉通りストレートに受け止めるなら、指揮官であるあなたは血気盛んな兵たちを押さえ、ますは勝利に向けた作戦を黙々と構築すべきだという意味。

現実の世界と照らし合わせ、私たちが心しなければならないのは、はやる心を押さえ、まず頭を使って戦略を立てなるべきだということなんです。

勇み立つ兵というのは本物の兵隊のことではなく私たちの内に満ち出番を待つ行動エネルギーのことであり、きちんとした見通しや計画も存在しないのに衝動的な思いだけで進んでしまうことには注意が必要です。

いくらテンションがマックスになりエネルギーも満ち溢れているからって、勘違いした方向に進んでしまってはロスが大きすぎます。誤りに気付き起動修正している内にいくつものチャンスを失うことになるのです。

頭を使って戦略を立てるという部分についてですが、ただ机の前に座って計画するよりも、積極的に外へ出かけ人と会って交渉したり情報交換をすると言った社交性を発揮した作戦が功を奏するようです。

まだ心が決まらずにいるのなら、もうこれ以上先送りするのはやめにしませんか?

まだ心が決まらずにいるのなら、もうこれ以上先送りするのはやめにしませんか。心が決まらない状態がいつまでも続きますと人生の流れは滞り、本来なら体験する予定の無かったネガティブな出来事まで引き寄せてしまいます。

心を決めたなら、もうそれ以上欲を出してあれこれと模索しないことです。

心を決めたなら、ジタバタするのをやめスタートの瞬間が訪れるのを静かに待ちましょう。

心を決めたなら、もう迷うことなくただ流れのまま全力を尽くすだけ。

心を決めたなら、もうこの先の展開がどうなろうともすべて神様に委ねることです。

継続する動きの中でタイムリーに休息を取るのは有効です。しかしなかなか心が決まらない為に立ち止まっているのなら状況を打開する為に何らかの手段を講じる必要があります。

ますは決心すること。自分の決心にしたがいスタートを切ることで人生の景色は大きく変わり始めるのです。

今週末の11日と12日の二日間「明日香天翔と角田みゆきのサイキック&ヒーリングコラボセッション」が東京で開催されます。今のままでいいことと改めるべきことが明確になります。

決心して行動に移しましょう。週末のコラボセッションをジャンプ台にして更に大きく羽ばたいてください。

思い切ってあなたが今まで携わってきたことを人に譲り渡しましょう。人として為すべきことを失うのではなく新しいスタートが始まるのです

今朝はリレーのバトンタッチの場面が鮮明に現れました。前の走者からバトンを受け取った選手がどうした訳かスピードに乗り切れず減速してしまうことになります。

これとは対照的に次の走者にバトンを渡して役目終了となったはずの選手が、その後さらにパワーアップしコースを駆け抜けて行くのです。こんなの現実には100%あり得ないんですけどね。気脈メッセージとして素直に受けとめてみました。

一番強く語られていることは「あなたが今まで携わってきた役目の全てまたは一部を人に譲り渡しなさい」というもの。お役御免になるどころか身軽になれたことが幸いとなり、更にパワーアップして前進できるようです。

サブテーマとして語られていることは「他の人が携わってきたことや自分のキャパを超えそうな大きな仕事を引き受ける時は最大の注意を払う必要がある」です。

頑張れば何とかできそうな気がして軽いノリで引き受けてしまったことが、いざ始めてみると意外と手こずり重荷となって、本来自分がやるべきことも巻き添えになってスムーズに前進できなくなる可能性があります。

全てがそうなる訳ではないでしょうけれど、即断即決は避けよく考えてから決心するようにしましょう。あまりにも軽く考えて引き受けてしまいますと悔いが残ることになりそうです。

二つの道に差し掛かった時、常にいずれか一つを選ぶのではなく広い心で両方とも選ぶというユニークな選択があってもいいのです

二本の細い触覚のようなものが上へ伸びあがる光景が見えます。通常なら分かれ道とか迷いが起こることになるサイン(=予兆)であることが多いのですが今朝は穏やかな肯定のエネルギーが満ちていて何だかいつもとは違います。

何が語られているのかの答えに結びつく大きなのヒントはカタツムリの触覚でした。二本の触覚の内、一つは外側を見る「目」の役目でありもう一つは嗅覚や味覚を感じ取る「鼻と舌」の役目らしい。

この先私たちの目の前に二本の分かれ道らしきものが現れても、どちらか一つを選びもう片方を完全に没にしなければならないとはならない。つまり両方に異なる役目があって共に有効に利用することが出来るという意味だったのです。

二つのプランがあったならその両方に捨てがたいメリットがあるのです。二人の恋人候補が現れたならそれぞれに異なる魅力とメリットがあるのです。

仕事を優先すべきかプライベートで旅に出かけることを優先すべきかを決める前に、何とか上手く工夫をしてどちらも全力で取り組むことが出来ないかを考えてみましょう。

ごく身近な例をあげるなら、デートの時に和食にするかイタリアンにするか完全に意見が分かれたなら互いの好みを尊重し両方のお店に行ってみることがおススメです。食べ過ぎでお腹がパンクしないように、それぞれの店でハーフサイズの量だけ注文すればいいのです。

ハートセンサーを上手く活用出来たなら、この先どんな場面に遭遇しようと一切迷いは起こりません

テレビのクイズ番組などの回答者が語る答えに対して「ピンポ〜ン!」と心地良い音が鳴れば正解、「ブーーー!!」という不快音が鳴れば不正解だというルールはもう全ての人が当たり前のように受け入れています。

日常生活の中ででも二択や三択の場面がいくつもあり、ためらいもなくすんなり答えの出る時もあれば、結構迷ってしまってすぐに答えの出ない時もあります。

しかしいずれにせよ自分が決定した選択が正解だったのか不正解だったのかの結果は後になってからしかわからないのです。散々考え抜いて決めたのにその選択が思いっきり失敗だったみたいな時はがっかりですね。

「これかな?それともあれかな?」と迷った時に「ピンポ〜ン!」とか「ブーーー!!」という音が鳴りその場で答えがわかればいいのになと思うこともしばしばです。

全ての思考や感情をほんの少しの時間でいいから休眠モードに出来たなら、「ピンポ〜ン!」とか「ブーーー!!」という反応が自分のハートの中で起こっていることが分かります。

何かあるごとにハートは素直にイエス・ノーを自らのバイブレーションで語っているのです。慣れますとその感覚を大いに利用出来ます。胸騒ぎと言う現象も近未来に起こるアクシデントを予知した事前反応と言えるでしょう。

思考を外し、ただただ自分の胸の感覚であけをじっと見つめていたなら、心地良いバイブレーションが起こっている時と不快なバイブレーションが起こっている時との違いは分かるはずです。ときめいているかトーンダウンしているかと言う違いで感じてみても構いません。

この胸部に起こる反応を利用しない手はありません。慣れますと高い確率で最も自分にふさわしい判断が出来るようになります。

ただし、思い込みや決め付け、そして願望や欲望の思いが自分の心の中でかなりのウエイトを占める場合は必ずと言っていいほど正しい反応は起こりません。自分勝手に「Yes」だと決め付け舞い上がって突き進んでも全く逆のがっかりの結果となるのです。

ハートセンサーを利用する場合はあくまで思考や感情を取っ払った状態で行わねばならないのです。

どうなるのか分からないから行動しないという生き方は退屈で味気ない停滞を長引かせるだけです

近日中に過半数の人が脳裏にピカッと瞬光が走る体験をすることになりますが何が何だかわからない内にその出来事は記憶から消え去って行きます。

何らかのビジョンが示されたようにも思えるのですが余りにも短すぎて判別も理解も出来ないはずです。それでOK!至って正常です。

ほとんどの人が「あれ?今脳裏にフラッシュのようにピカッと光ったような気がするけどいったいなんだったんだろう・・・。まぁいいか。」という感じで終わってしまいます。

脳裏に光ったのはただの光ではなくてあなたの未来のビジョンが描かれたリアルな一コマあり、その瞬間の映像を今の自分に送ったのは未来のあなたです。

「未来の私は今の私に一体何が言いたかったのだろう。しかしよりによって判別も出来ないものを送るなよ。」と思ってしまいますが、その映像の内容を理解させるのが目的ではなくて今のあなたの体内でオフになったままでいる始動スイッチを押しに来たのです。

長くなるのでややこしい説明はここまでにして結論の部分だけお伝えします。

,海寮茵何気ない瞬間に脳裏に強い光がピカッと光ったなら「あ、これか!」と思うだけで無理に詮索する必要はありません。時間の無駄になりますから必要以上にぐちゃぐちゃ考えるのはやめましょう。

脳裏に瞬光が走る前と走った後で、自分の体内や意識に何か変化が無いかをちょっと頑張って感じてみてください。もしも運よく「あれ?ここがこう変わったぞ!」みたいな変化を見つけることが出来たなら花マルの100点!

後は自分に起こった変化を前向きにとら、自分を信じて行動に移すだけです。「そんなことして一体どうなるんだ?」みたいな感じでなかなか煮え切らず尻込みするのは、せっかくのチャンスを放棄するのと同じです。

どうなるのか分からないから行動しないという生き方は退屈で味気ない停滞を長引かせるだけです。何事に対しても「どうなるのか楽しみ!」と思って進んで行ける人がポジティブな未来を引き寄せるのです。

8月11日と12日に「明日香天翔と角田みゆきのサイキック&ヒーリングコラボセッション」が東京で開催されます。今のままでいいことと改めるべきことが明確になりますから目の前に広がる視界が一気に明るくなります。
気脈診とは




気脈診とは「気の脈を診る」という意味です。気は目に見えないエネルギーの総称、そして脈というのは繋がりや振動を意味します。

いつも沢山のおたよりを頂きありがとうございます。記事内容についてのご質問はブログのコメント欄をご利用下さい。

ご意見、ご感想、イベント及びセッションについてのご確認やお問い合わせはIBOK JAPAN事務局へお願いします。

気脈診対面個人セッション
最近撮影された明日香天翔の対面個人セッション風景です。

対面個人セッション

上のバナーをクリックしますとYouTubeの動画(12分)にてご覧いただけます。
記事検索
明日香天翔の公式Twitter
WS000000


最新コメント
livedoor プロフィール
■ブログランキング
ポチッとクリックしてください

 
スピリチュアルブログランキングへ
いつもありがとうございます

■IBOK JAPANメルマガ
明日香天翔がキャッチした最新の気脈診週間メッセージや重要なキーワードの情報を週末にIBOKメルマガにてお知らせすることになりました。

気脈メッセージとは、天空や大地が発信するエネルギーのバイブレーションや私たちの頭上に存在する集合意識からダイレクトに発信される波動エネルギーや、そうした情報を受け取る為に受信モードになった時に脳裏に浮かび上がった映像の意味を明日香天翔がわかりやすく言葉にしたものです。

ご購読は無料。配信をご希望の方はメールアドレスを登録するだけでOKです。
IBOKメルマガ登録ページからお申し込みください。

IBOKメルマガではウィリアム・レーネンやIBOK関連の各種情報をタイムリーにお届けしております。配信申し込みは→こちら


IBOK JAPAN ショッピングサイト
 
IBOKバナー
新・IBOK Japan公式ブログ


セッションやイベントに関するお問い合わせは IBOK JAPAN事務局までお願いします
↓    ↓
お問い合わせページ
■第3回アリゾナパワースポットツアー開催が決定
アリゾナ150

今年の12月にアリゾナのセドナやベルロック、ボイトンキャニオン、オーククリークキャニオン、スパイダーロックなどのスケールの大きなパワースポットを1週間かけて周遊するツアーが開催されます。

何度も渡航し現地の隅々まで詳しく知るIBOKの伊藤さんにアメリカ人も知らない素敵なスポットへ案内してもらえます。

それぞれのパワースポットではエネルギーの解析やツアー参加者一人ずつに語りかけられている大地からのパーソナルメッセージをその場で書きあげるエネルギースケッチを添えてお伝え致します。

現地ではツアー中に便利に使えるエネルギーワークや大自然からメッセージをキャッチする方法、自己浄化法などをお伝えしたいと思っています。

ツアーは12月2日から1週間です。是非ご一緒しましょう。お申し込みは → こちら
新刊本のご案内

 
幸せを呼ぶ気脈診

アマゾン01

レーネンさんの新刊本
BLOG RANKING




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
livedoor 天気
J-CASTニュース
  • ライブドアブログ